>> おすすめボードゲームはこちら

ピクチャーズ オレンジ拡張セット ボードゲーム紹介とレビュー

2020年ドイツ年間ゲーム大賞受賞の「ピクチャーズ」に遂に待望の拡張が登場です。

その名も「ピクチャーズオレンジ拡張セット」。

今回はその中身を紹介していきます。

ピクチャーズ オレンジ拡張 基本情報

デザインSystem:
Christian Stöhr
Daniela Stöhr
プレイ時間約30分
プレイ人数3-6人
対象年齢8歳以上
版元PD-Verlag
販売ホビージャパン
発売日2022年3月
希望
小売価格
3,740円(税込)

ピクチャーズ オレンジ拡張 ボードゲーム概要

今度のお絵描きセットはアクリルタイルと額縁、フェルト布と洗濯ばさみ!

「ピクチャーズ」はだれでもルールを覚えられてすぐ遊べる、家族と楽しめるゲームです。

あなたは指定された「秘密の写真」を靴ひもや、色付きのキューブや、記号が描かれたカードや、石と木の棒や、積み木など、ちょっと「お絵描き」には難しい道具で描きます。みんなが「お絵描き」出来たら、それぞれ16枚の写真のうちどの写真を表現したのかを当てることになります。ほかの人が描いたものを当てたり、あなたが描いたものを当ててもらえたら点数がもらえます。

「ピクチャーズ:オレンジ」拡張セットでは、あらたなお絵描き道具としてアクリルタイルと額縁、フェルト布と洗濯ばさみという、別なお絵描き道具が選択肢に加わります。また、お絵描き道具も増えたため、プレイ人数は6人まで可能となります。さらに、新たな写真カードも55枚追加されます。

「ピクチャーズ」をもっとあそびたい人には必携の拡張セットです!

引用:ホビージャパン公式HP

ピクチャーズは、5種類の道具を駆使してお題の写真を当ててもらう、お絵かき系のボードゲームです。

2020年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作品で、プレイ感は軽く、みんなでワイワイ楽しめるタイプの優秀なボードゲームでした。

「5種類の道具」というのがポイントで「紐」「ブロック」「ドット」「カード」など謎の道具を使って、写真を表現しなければなりません。

鳥の写真だとした場合、ブロックを頑張って鳥の形になるようにして、それを他の人に当ててもらうということになります。

無茶だけどわかった時やわかってもらえた時は非常に楽しく嬉しい、パーティゲームの定番の1つではないでしょうか。

その「ピクチャーズ」に新しい道具が2種類加わったのが今回の拡張です。

拡張セットなのでピクチャーズ基本セットを持っていないと遊べません

ピクチャーズ オレンジ拡張の追加要素

ルールは基本セットと全く同じです。いくつか追加要素があります。

ピクチャーズオレンジ拡張で追加される道具

2つのお絵かき道具が追加されます。

フェルト布2枚+洗濯ばさみ5個

引用:BGG

「丸い形」と「四角い形」の赤い布がそれぞれ1枚と、洗濯ばさみ5個のセットです。

何だこれ。かなり難易度が高い、ヤバイにおいしかしません(笑)。

果たしてこれだけで表現できるのか?腕が試されますね。

アクリルタイル16個+額縁1個

引用:BGG

16種類の絵柄が描かれたマージャン牌と、それを配置するための額縁のセットです。

基本セットに入っていた「カード」に似ていますが、カードよりも絵柄は抽象的で、かなり難易度は高そうです。

超抽象化した形で表現せざるを得ないピクトグラムのような感じでしょうか。作る側はもちろんのこと、当てる側もセンスが問われるやつですね。

新しい写真カードが追加に

写真カードが55枚追加になります。

両面仕様のはずなので、110種類の写真が新しく追加されることになります。

正直基本セットの写真でも91枚あるので、もともと中々飽きが来ない量が入っていますが、新しい写真でバリエーションが増えるとまた新鮮に遊べると思います。

6人プレイまで可能に

基本セットは5人までプレイ可能でしたが、新しい道具が増えたことで6人までプレイが可能になりました。

5人以上の大人数で遊べるボードゲームで、これだけしっかり遊べるものは貴重なので、プレイ人数が増えるのは純粋に嬉しい限りですね。

ピクチャーズ オレンジ拡張 所感

新道具で新鮮度UP

今回の拡張の目玉である新道具2種類は、拡張だけあってどちらも高難易度素材ですね。

このゲームは、それぞれの道具を如何に工夫して使って表現するかが、悩ましく楽しいゲームなので、そこに新しい選択肢が加わったのは純粋に面白いし、リプレイ性が高くてかなり良いポイントですね。

ただ、使い方が難しすぎるとあまり楽しめないこともあるので、使いづらさと楽しさのバランスは気になるところです。

基本セットでいえば、5つの道具の中でも特に「カード」は使い方が難しく、お題によってはギブアップなものも多い印象です。今回の2つの道具も結構使い方は難しそうなので、果たしてどの程度もどかしいのか、是非プレイして体験してみたいですね。

新写真で新鮮度UP

既存セットのバリエーションを増やすのは、オーソドックスなリプレイ性向上の方法ですが、これだけでリプレイバリューUP間違いなしでしょう。

1ゲームで自分が担当する写真は5人プレイでわずか5枚なので、この拡張が追加されると20回分位は新しい創作を楽しめますね(笑)。

しかしこういうピクチャーズで使用される写真って、どこでどのように撮影して厳選してるんでしょう?作者が撮影して良いものだけをピックアップしているのかしら。

6人プレイで新鮮度UP

このゲームは人数が多い方が楽しいのは間違いないです。3人でも面白いですが、5人がベストだと思います。

他の人の作品を当てたり、当てられたりするのが、それ自体が楽しいからですね。なので人数が多い方が沢山当てられる。しかもプレイ人数が増えても大してプレイ時間は増えません。これも良い点です。

それが、この拡張で6人まで遊ぶことが出来ます。最高ですね。更に6人用ゲームって中々数多くなく、限られているので、6人で遊ぶ際に使えるボードゲームということで重宝しそうです。

ピクチャーズ オレンジ拡張 内容物

  • フェルト布 2枚+洗濯ばさみ 5個
  • アクリルタイル 16個+額縁 1枚
  • 写真カード 55枚
  • 得点ノート 1冊(6人対応)
  • ルール 1部

ピクチャーズ オレンジ拡張紹介のあとがき

「ピクチャーズ オレンジ拡張」の紹介でした。

そもそもの「ピクチャーズ」が、非常に面白いお手軽に遊べるボードゲームの1つなので、未プレイの方はまずは基本セットから遊んでみるのが良いですが、既にピクチャーズを遊んでいる人は、この拡張を入れることで更に面白さが増すのは間違いなし。まさに約束された拡張ですね。

発売が楽しみですね。私も恐らく購入すると思います。

ピクチャーズが好きな方は是非チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)