『ラ・ラマ・ランド』ボードゲームのルール紹介

今回はホビージャパンさんより2021年11月に発売が予定されているボードゲーム『ラ・ラマ・ランド』のゲーム内容を紹介していきます。

SDJノミネートのクニツィアさんの「LAMA」と言い、ボードゲームには定期的にラマブーム来ますよね。

ということで『ラ・ラマ・ランド』がどういうボードゲームなのか、所感とルール紹介を交えて説明していきます。

基本情報

デザインSystem:
 Phil Walker-Harding
Art:
 Klemens Franz
プレイ時間約30-60分
プレイ人数2-4人
対象年齢10歳以上
版元Lookout
販売ホビージャパン
発売日2021年11月
希望
小売価格
5,500円(税込)

『ラ・ラマ・ランド』ボードゲーム概要

ジャガイモ、カカオにトウモロコシ。段々畑にラマいっぱい!

周りを丘や山に囲まれている中で農場主になるのはまったく簡単ではありません。

にもかかわらず、あなたはジャガイモ、トウモロコシ、カカオを育てるのが大好きです。

その風景は野生的で、驚くほど美しく、そして……ラマがいっぱいいます!

引用:ホビージャパン公式HP

以前の記事でも紹介した「グラスゴー」や「グレートプレインズ」に続き、ウヴェローゼンベルグさんの会社Lookoutゲームズさんの新作がドンドン出てきますね。

「ラ・ラマ・ランド」は、タイル配置・先取り・資源管理・ラマ・可愛さ、などの要素が詰まった比較的シンプルな軽~中量級のボードゲームです。ルールのシンプルさや見た目の可愛さから、ファミリーゲームという表記で家族向けとして推してますが、普通に大人でも楽しめる作りになっています。

ちなみに英語名は「llamaland」なのでララマランドです。素直にラマランドじゃ駄目だったんだろうか。。。「ラ・ラマ・ランドやろうぜ!」って言いづらいですよね(笑)

『ラ・ラマ・ランド』ルール概要

ラ・ラマ・ランドのゲームのルールを紹介していきます。

ゲームの流れ

以下の流れで、手番プレイヤーがゲーム終了条件を満たすまで、処理をおこなっていきます。

  • ラマタイルを1つ獲得して手元に配置
  • ラマカードの獲得(任意)
  • ボーナスカードの達成(任意)

ラマタイル1つを手元に配置

好きなタイルを獲得して自分の手元の他のタイルに繋がるように配置。もしくは自分のタイルに重ねるように配置することが可能

▼場に並んだラマタイルから1つを選んで自分の手元に配置

引用:BGG

タイル配置系ゲームなので当然細かい配置ルールがある点は注意です。

タイルを既におかれているタイルに重ねた場合、重ねたタイルに書かれている資源や、それが家のマークだった場合人物カードの獲得が可能。

得られる資源は以下の通り。

  • コーンなどの作物
  • お金
  • 人物カード

▼得られる作物やお金

引用:BGG

▼得られる人物カード

引用:BGG

「人物カード」の獲得時は場に置かれている人物カードから1枚を選択して手元に置きます。これは永続的な特殊能力(作物トークンを別の作物トークンに交換、特定の条件でボーナスでお金が貰える、など)を与えてくれるカードになります。

ラマカードの獲得

同じ作物トークンを4つ支払うことで「ラマカード」を1枚獲得が可能。これはそのまま勝利点になります。

▼3つの種類のラマカード

引用:BGG

ラマカードは3種類「コーン」「ポテト」「カカオ」あり、同じ種類のラマカードは複数枚ありますが早く獲得した方が得点が高くなっています。

最初の1枚は12点などの高得点ですが、最後の1枚は5点など約半分の得点になってたりします。

お金トークンは2つで任意の作物1つの代わりに扱うことが可能です。

ラマコマの獲得と配置

ラマカードを獲得した場合、ラマコマを1つ獲得して、自分の手元の土地に配置します。ラマコマは「目的カード」の達成条件になっています。

▼タイル配置とラマコマ配置で気持ち良い土地が出来上がっていきます

引用:BGG

目的カードの達成

場の「目的カード」の条件を達成した場合、その「目的カード」1つに自分の達成マーカーを配置します。これはそのまま勝利点になります。

引用:BGG

各目的カードは早い者勝ちで得点が高くなっています。

ゲーム終了条件

以下の2つの終了条件どちらかで終了トリガー。

  • ラマタイルが残り4枚以下になったとき
  • ラマカードが残り1種類になったとき

得点計算

以下の4種類の得点の合計が得点です。

  • 獲得したラマカードに書かれた得点
  • 手元に残した食料トークン:1つ1点
  • 手元に残したお金トークン:2つ1点
  • 目的カードの得点

これらを合計して最も得点が多いプレイヤーの勝ちとなります。

ヴァリアントルール

幾つかのヴァリアントルールが存在します。難易度調整可能になってます。

  • 初心者モード:目的カードを使用しません
  • 上級者モード:目的カードの達成条件がより難しくなります
  • ラマモード:ラマコマの配置に制限がかかります。

『ラ・ラマ・ランド』内容物

  • スタートボード4枚
  • 土地タイル60枚
  • 基礎タイル12枚
  • 作物トークン36枚
  • マーカー16枚
  • コイン24枚
  • 人物カード30枚
  • 目的カード22枚
  • ラマカード48枚
  • 得点記録用紙1冊
  • ラマ駒33個
  • 牧童の杖1本
  • ルールブック 他

『ラ・ラマ・ランド』紹介の所感とあとがき

以上、ボードゲーム「ラ・ラマ・ランド」のゲーム紹介でした。

タイル配置して段々畑を作っていき、作物を獲得し、ラマを放牧していく。シンプルなルールでタイルやコマの見た目が最高に可愛いためプレイしていると気持ちよくなれそうです。

単純なタイル配置ではなく上に載せて段々畑を作っていくという点がポイントで、上に載せていく部分は如何に効率的にタイル配置して行くか、それなりのパズル要素になっています。

先取り勝ち要素が多く、それがモロに得点に繋がってくるため、勝つには狙いが被らないようにもしくは被っても先に取れるように、他のプレイヤーの狙いを見ておくプレイは必要になりそうです。

定期的に来るラマブームの1作。ラ・ラマ・ランド(言いづらいな。。。(笑))。気になる方はチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)