>> おすすめボードゲームはこちら

【ニュース】ボドゲ好きのための「ボドゲ手帳2023」ホビージャパンから発売

何と何と。ボードゲームファンとして気になるアイテム「ボドゲ手帳2023」がホビージャパンさんより発売となります。

ただし、一般販売ではなく「クラウドファンディング経由」での発売になるようです。

【ニュース】ボドゲ好きのための「ボドゲ手帳2023」ホビージャパンから発売

ホビージャパンさんより、ボードゲームファン用に様々な工夫が施されたアイテム「ボドゲ手帳2023」が発売となります。

一体どういう手帳になっているのか中身を見ていきましょう。

直接チェックしたい方は、クラウドファンディングのサイトを載せておくので、直接チェックしてみてください。

以下のような特徴がある手帳になっているそうです。

  • 2023年1月はじまり
  • 毎月ボードゲームのテーマを提案
  • ボードゲームデザイナーの誕生日記載
  • 手帳の左下にダイス機能
  • スタートプレイヤー決めルール搭載
  • ボードゲームプレイ記録
  • 積みゲー記録機能
  • ドイツ年間ゲーム大賞受賞作品一覧掲載
  • 著名デザイナー30名の代表作品掲載
  • 今日遊ぶボードゲームの提案機能

なんだか色々な面白い機能が搭載されているようですね。

毎月ボードゲームのテーマを提案

月毎にゲームテーマが書かれているとのこと。

例えば「動物のコマがあるゲーム」とか。

毎月ということは1年で12個しかないけど大丈夫なんだろうか(笑)。

ボードゲームデザイナーの誕生日記載

約30名分掲載とのこと。

あまりボードゲームデザイナーの誕生日とか意識したことは無いですが、少しはボードゲームの選定に影響するでしょうか。

そのボードゲームデザイナーの代表作など、付帯情報も一緒に掲載されているとGOODですね。

手帳の左下にダイス機能

サイコロでおk

しかしこんな機能を搭載した手帳は過去無いんじゃないでしょうか。特許取れるんじゃないですか。

スタートプレイヤー決めルール搭載

良くある「最近ヨーロッパ旅行に行った人がスタートプレイヤーです」とか、よくある遊び心あるスタP決めルールが、この手帳にも搭載されているようです。

個人的にはあの説明書のノリはあんまり好きじゃ無い(笑)

何というかとりあえず書いておけ的な感じありますよね。

ボードゲームプレイ記録

これは手帳や日記としての醍醐味機能ではないでしょうか。

ボードゲームのプレイ記録って書くのは面倒だけど、後で振り返ると結構良い思い出材料になりますね。

私が記録しているのは主に写真ですけど、アプリなんかでプレイ内容は回数を記録している人も多いです。

あの日あそこでこんなボードゲームをした、って思いだせる良い材料になるでしょう。

1年手帳なので、1年分しかためられないのは仕方ないところか。

積みゲー記録機能

何と積みゲー記録機能が入っています(笑)

積みゲーはなぜ生まれるのか・・・不思議ですね。魅力的なボドゲが多すぎるってことでしょうね。嬉しい悩みです。

幸いなことに、我が家には現在積みゲーはありません。多分。

こんな感じで、所持ゲームの数が増えすぎてわからなくなった場合に、積みゲー記録が役立つかもしれません(笑)

ドイツ年間ゲーム大賞受賞作品一覧掲載

おー・・・これは結構嬉しい内容。

ドイツ年間ゲーム大賞の歴史は、ボードゲームをやる人にとって見れば一般教養みたいなものだと思うので、その中で幾つ遊んだことがあるのかを知っておくのは良いですね。

とりあえず遊んでおけば外れないボードゲーム、がドイツ年間ゲーム大賞受賞作品だと思っています。

と言いつつ、私も受賞作品全てを遊べているわけではありません。何割位遊んだんだろう。。。全て遊ぶのを1年の目標にするのも良いかもしれません。

著名デザイナー30名の代表作品掲載

誕生日を紹介されている30名の作品でしょうか。

これも嬉しいですね。流石に有名どころばかりを揃えてきていると思うので、どれも面白い作品のはず。ちょっとしたボードゲームの参考資料のようなものになりそうです。

ボードゲームの沼に入りたての方には特に良いでしょう。

このページの詳細はまだあまり書かれていませんでしたが、このページの出来は気になるところですね。

今日遊ぶボードゲームの提案機能

サイコロを2つ振った出目で、ホビージャパンの作品の1つがおすすめされる機能だそうです(笑)

2つのサイコロの出目の組み合わせは21通りなので、21種類のホビージャパン作品が紹介されるということですね。

一体どういうラインナップで来るのか楽しみですね。

「ドミニオン」や「アズール」などの超有名作品は100%入ってくるでしょう。

こういうランダムおすすめ機能って、遊ぶボードゲームを沢山持ってたり、ボドゲカフェで遊ぶゲームに迷っている人にとって見ると、結構便利な気がしますが、みんなどうしてるんでしょうね。

総括

中々面白いアイデアのボドゲアイテムが登場ということで個人的には興味津々。

日々のボードゲームライフをちょっと楽しくする、そんな小技が沢山詰まった手帳になっているようです。

ボードゲームファンとしては欲しいアイテムですし支援予定です。

ただ、1冊の金額が3300円に対して、目標金額330万円。

これを見たとき寝ぼけた頭で100人か~・・・と思っていましたが、これを達成するには、100人ではなく1000人のサポートが必要です(笑)。

これは日本国内ではかなり強気の設定だと思うがどうなんでしょうね。過去の日本のボドゲクラウドファンディングで1000人達成ってかなりのレアケースな気がします。ボドゲではなくボドゲグッズということで更にターゲットは少ないような。。。

手帳は毎年買っている人は多いと思いますが、それこそ個々人が毎年愛用している手帳もあるわけです。フランクリンプランナーとか。

なので、そういう人がわざわざ乗り換えて使うかというと、難しい気がしますね。記念品としての位置づけになると思います。

キックスターターなどは、ストレッチゴールで追加特典が解放されていくのを楽しみに、ある意味お祭り感覚を楽しんでいる人も多いかと思います。少し古いですが、テラフォーミングマーズ「動乱」のキックスターターでのストレッチゴールは、かなりワクワクしましたね。良くわからないけど毎日ガンガン開放されていく特典。クラウドファンディングの醍醐味の1つかと思います。

>> Terraforming Mars: Turmoil by kickstarter

今回このクラウドファンディングでも、大手ならではのそういう達成特典とか色々あれば面白かったかもしれませんが、残念ながらそういうのはなさそうです。

ストレッチゴール達成する度に、手帳に良くわからないボドゲ機能が増えるとか、面白かったんじゃないかと。

アークライトさんから去年クラウドファンディングされた、モンスターメーカー作者の「鈴木銀一郎メモリアルボックス」なんかもそうですが、大手メーカーが出してくるクラウドファンディングは大体強気設定で、結果上手くいかないことも多いような印象ありますね。

ホビージャパンさん初クラウドファンディングということで試行錯誤している状態なのかもしれません。

果たしてどうなるのか。1か月後のクラウドファンディング完了が気になるところです。

「ボドゲ手帳2023」クラウドファンディング詳細

募集期間2022年8月15日~2022年9月25日
受け取り時期2022年11月
金額3300円~
募集方式All-or-Nothing方式
(目標未達の場合、実行・リターン無し)
製品仕様装丁:B6 カレンダー手帳(ウィークリー、2023年1月始まり)
カバー付き、ビニール製ペン差し付き
ページ数:192ぺージ

「ボドゲ手帳2023」関連サイト

「ボドゲ手帳2023」クラウドファンディングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)