「世界の七不思議:建築家たち」ボードゲーム紹介とレビュー

今回はホビージャパンさんより発売予定のボードゲーム「世界の七不思議:建築家たち」のゲーム内容を紹介していきます。

かのドラフトの名作「世界の七不思議」の名前を関していますがなんと拡張などではなく、独立したタイトルになっています。

ということで「世界の七不思議:建築家たち」がどういうボードゲームなのか、所感とルール紹介を交えて説明していきます。

基本情報

デザインSystem:
 Antoine Bauza
Art:
 Etienne Hebinger
プレイ時間約25分
プレイ人数2-7人
対象年齢8歳以上
版元Repos Production
販売ホビージャパン
発売日2021年10月
希望
小売価格
6,160円(税込)

ボードゲーム概要

壮大な七不思議の建造物を建築し、世界の歴史に名を刻め!

あなたの目的はただ一つ――歴史に名を刻む壮大な七不思議の建造物を建設することです。

遺産が残るかどうかはあなた次第です!

引用:ホビージャパン公式HP

世界の七不思議は言わずと知れた名作のドラフトボードゲームですが、この「世界の七不思議:建築家たち」は世界の七不思議のテイストはそのままに、一部のシステムをうまく調整した独立バージョンになっています。

ルール概要

ざっくりルールを紹介していきます。元の世界の七不思議に比べても非常にシンプルになっています。

七不思議の選択

今作はプレイヤー毎に異なる七不思議を1つ担当することになり、その建築を目指します。

▼ユニークな形状と能力を持った七不思議のいずれか1つを選択してゲーム開始

オリジナルバージョンだと、七不思議は別に建築完了を目指さなくてもよかったですし、建築するメリットがないこともありましたが、今作は否が応でも建築していくことになりました。

手番でやること

毎ターン全プレイヤーは以下のいずれかのアクションを選択します。

  • 左隣のプレイヤーと自分の間の、表向き山札から1枚取ってプレイ
  • 右隣のプレイヤーと自分の間の、表向き山札から1枚取ってプレイ
  • 全プレイヤー共通の、裏向きの山札から1枚取ってプレイ

つまり、いずれかの山札から1枚取得して、場に出すだけです。非常に簡単ですね。

カードの要素

オリジナルにも登場したカード要素は大体登場します。

  • 軍事(赤色):隣国との戦闘時に参照
  • 資源(灰色):七不思議建築の資源をもたらす
  • 科学(緑色):特殊能力をもたらす進歩トークンの獲得に使用
  • 商人(黄色):ワイルド資源であるお金をもたらす
  • 建築(青色):即座に勝利点をもたらす

終盤の特殊勝利点である紫のギルドカードだけがなくなった模様。また、木材などの通常資源とガラスのようなレア資源に差はなくなったようです。

オリジナルの世界の七不思議では、個々のカードに使用制限(主に資源が必要)があったのですが、今作ではカードに使用制限がありません。

そのため、カードを配置したことで使用可能になるアクションは、すべて強制的に発動することになります。使わずにとっておくことはできません。

ゲーム終了条件

何れかのプレイヤーの「七不思議」が完全に建造されたらゲーム終了です。

得点計算と勝利条件

得点は以下の通り。

  • 七不思議の建築による得点
  • 建築物(青カード)による得点
  • 軍事勝利による得点
  • 科学トークンによる特殊得点
  • 猫トークンによる得点

これらを合計して最も得点の多いプレイヤーの勝ち。

ちなみに猫トークンは青のカードで獲得できるスタートプレイヤーマーカーのようなイメージのトークンです。

オリジナルの世界の七不思議との違い

ざっとまとめてみます。

  • ゲーム終了条件:3ラウンドではなく、七不思議の建築完了になった
  • ドラフト:ドラフトは廃止され、3山から1枚選択になった
  • 特殊能力:世界の七不思議によるプレイヤー毎の特殊能力が増して特徴がついた
  • 資源:世界の七不思議建築専用になった
  • 資源:通常資源とレア資源の区別がなくなった
  • 軍事:戦争の発動条件が増え、軍事勝利点が獲得しやすくなった
  • 科学:勝利点ではなく特殊トークン獲得用になった(七不思議Duelと同じ)
  • お金:オールマイティ資源になった
  • その他:ギルドカードがなくなった。

所感

あの名作「世界の七不思議」の最新バージョンが登場です。

本作を最初見たときは拡張セットなのかと思ったのですが、完全な独立拡張セットになっています。

もともとのゲームだと「世界の七不思議」の建築はそこまで重要ではなく、余力があったらとかほかにやることがなければやる、位のものだったのですが、本作は「世界の七不思議」の建築自体が目的になりました。

このゲームの代名詞だった「ドラフト」ですが撤廃になり、代わりに山札から3択で選択する方式に変わりました。プレイ時間は非常に短縮になりますが、プレイヤー間のインタラクションや選択の自由度という意味ではやや減ったように思います。

「科学」の仕組みは、Duelと同様に特殊能力をもたらすトークンを獲得するに変更になりました。これにより複数プレイヤーが「科学」ばかり集めて共倒れする、というケースが減ったように思います。Duelに入っているこの仕組みは非常に面白いと思うので、個人的には単なる勝利点よりこちらのほうが面白いと思いますね。

「軍事」も元々の「世界の七不思議」だと、全3回しか発動せず、投資の割には非常にリターンが少ない勝利点獲得手段でイマイチだったのですが、本作では獲得するカード次第では何度も戦争が発動するようになっており、軍事得点もかなり期待できるようになっています。

もともと遊びやすいように作られていた「世界の七不思議」ですが、更に遊びやすくシンプルになっており、それでいて面白さは相変わらず面白い作りになってそうです。プレイ時間も30分切っているようで中量級の中でも軽いほうになってますね。早く遊んでみたいですね。

このゲームの元ネタの「世界の七不思議」は、カードの種類が大量にあって、一見すると複雑そうな重量級ゲームに見えるのですが、実際にはプレイ感は軽く、ドラフトによる全プレイヤー同時進行のプレイでプレイ時間も非常に短く終わります。

非常におすすめなのでオリジナルバージョンも未プレイの方には超おすすめです。

また、2人専用になった「世界の七不思議Duel」は更に改良がくわえられており、2人専用ボードゲームとして非常に高い評価を受けています。こちらも非常におすすめできるゲームです。

内容物

  • カード 235枚(54×81mm)
  • 七不思議 7つ
  • カードホルダー 7つ
  • トレイ 8つ
  • トークン 50枚
  • ルールブック 1部

「世界の七不思議:建築家たち」のスリーブ

「世界の七不思議:建築家たち」は54x81mmのカードが235枚入っています。

プレイ毎にフルシャッフルして山札を作るため、スリーブはあったほうが良いですが、スリーブを入れると箱やトレイに収まらなくなるというトラップがあります。スリーブを入れる際はご注意ください。

あとがき

以上、ボードゲーム「世界の七不思議:建築家たち」のゲーム紹介でした。

「世界の七不思議」を改良した非常に良いゲームですね。ゲーム性もそうなのですが、あのデザインも個人的には非常に好みです。

発売が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)