フローリッシュ:咲き誇る花園 ボードゲーム紹介とレビュー

ホビージャパンさんより2021年7月に発売が予定されているボードゲーム「フローリッシュ:咲き誇る花園」のボードゲーム内容を紹介していきます。

ゲームマーケットで展示されていましたが、コンポーネントの見た目が華やかで非常に面白そうなボードゲームに見えますね。「フローリッシュ:咲き誇る花園」がどういうボードゲームなのか、所感とルール紹介を交えて説明していきます。

フローリッシュ:咲き誇る花園 基本情報

デザインSystem:
 James A. Wilson
 Clarissa A. Wilson
プレイ時間約20分
プレイ人数1-7人
対象年齢8歳以上
版元Table top Tycoon Inc
販売ホビージャパン
発売日2021年7月
希望
小売価格
8,800円(税込)

フローリッシュ:咲き誇る花園 ボードゲーム概要

「フローリッシュ:咲き誇る花園」で、
プレイヤーは鮮やかな花々、威厳のある木々、魅力的な散歩道、
そして人目を引く特徴物を備えた美しい庭園を造ります。
プレイヤーは自分のために確保するカードと、
壁越しに隣人へと渡すカードを慎重に選ばなければなりません。
友人たちと膝を交え、カップ1杯のお茶をすすり、
「フローリッシュ:咲き誇る花園」のきらめく世界――
幾度となく戻って来たくなる場所で午後のひとときを楽しみましょう。

引用:ホビージャパン公式HP

Flourish = 栄える・繁栄する

という名前のボードゲームです。

聞いたことが無い人も多いと思いますが、実は海外でも2021年3月にキックスターター版が発売されたばかりの超最新作ボードゲームです。

引用:BGG

緑豊かな植物や庭園構造物(のカード)を自分の目の前の庭園に出していき、自分の庭園を育てていきましょうというボードゲーム。

フローリッシュ:咲き誇る花園 ルール概要

「協力型」プレイと「対戦型」プレイが可能でプレイ毎にどちらか選択することになります。

ゲーム終了条件

ゲームは4ラウンド3枚のカードをプレイしたら、1ラウンド終了して得点計算

4ラウンド終了したら、全てのカードの得点を計算して終了です。

毎ターンやること

全プレイヤーは同時に各ターンをプレイします。各プレイヤーは手札を6枚からスタート。1枚を裏向きで目の前に出してプレイ、2枚を両隣のプレイヤーにパスします。

全プレイヤーが全てのカードをプレイ&パスしたら、プレイしたカードを公開します。

両隣のプレイヤーから受け取ったカード計2枚と、追加のカード1枚をデッキからドローして手札を補充します。

これを場に3枚のカードをプレイするまで繰り返します。

引用:BGG

第4ラウンドだけは一気に3枚のカードをプレイして3ターン分のプレイを実行します。

各ラウンドの得点

各カードには「ラウンド終了時得点」が描かれたカードがあります。

このカードをプレイしたプレイヤーはこのラウンドで得点します。あくまでもこのターンに出したカードのみが対象で、前のラウンドで出したカードに書かれている得点効果は無効。

ゲーム終了時の得点

各カードには「ゲーム終了時得点」が描かれたカードがあります。

このカードをプレイしたプレイヤーはゲーム終了時に得点が入ります。

ゲームの勝敗

対戦モードだと、最も高い得点のプレイヤーが勝利です。

協力モードだと、全プレイヤーの得点を合計して、必要な得点を満たせているかをチェックしてゲームの勝敗が決まります。

2人プレイヤー用ルール

両隣のプレイヤーを必要とするゲームなので通常3人~プレイ用ですが、2人用のルールも同梱されています。

ソロプレイヤー用ルール

ソロプレイ用のヴァリアントルールも入っており、コロナ禍で集まりにくい状況でもしっかり楽しめる用になっています。

フローリッシュ:咲き誇る花園 所感

海外でも2021年3月にキックスターター版が発売されたばかりの最新作ボードゲームです。こういうゲームを早くも日本語版で遊べるのは超嬉しいですね。

ぱっと見て比較的軽めのゲームに見えるのですが、やることは非常にシンプルで1枚プレイと両隣プレイヤーに1枚ずつ渡すだけ。実際に軽中量級のボードゲームだと思います。

引用:BGG

このゲームの大きな魅力の1つはそのコンポーネントの美しさでしょう。コンポーネントを見るだけで欲しくなるボードゲームとはまさにこのことです。コンポーネントの豪華さは流石キックスターター経由の作品といったところ。

引用:BGG

ゲームルール自体はシンプルなのですが、カードの種類は見た目だけではなく得点方法が多彩になっており、実はかなりしっかりとしたドラフトとセットコレクションが搭載されています。各ラウンドの得点を延ばす方向に進めるか、ゲーム終了時得点を延ばす方向にするのか、悩ましく出来ています。

自分の出しているカードのタイプを参照して得点するカードもあれば、両隣のプレイヤーが設置しているカードのタイプを参照する系のカードもあるため、両隣に送るカードの種類を上手く調整することで、高得点化することも出来ます。

また、日本語版には何と最初から拡張セットが2つ同梱されているようです。これは嬉しいですね。

フローリッシュ:咲き誇る花園 内容物

  • カード98枚
  • 得点ボード7枚
  • 立体的な壁7枚
  • リボントークン24枚
  • メダルトークン3枚
  • サイン入り銘板2枚
  • 装飾アート銘板1枚
  • ルールシート
  • 友人カード15枚
  • 立体的な建物35個
  • 組み立て説明書 他

フローリッシュ:咲き誇る花園 のスリーブ

カードドラフトタイプのボードゲームなのでスリーブは必要。

63.5mm * 88mmで一般的なトレーディングカードサイズですね。

フローリッシュ:咲き誇る花園 紹介のあとがき

以上、ボードゲーム「フローリッシュ:咲き誇る花園」のゲーム紹介でした。

このコンポーネントの華やかさ。流石にゲームマーケット映えする商品ですね。

このご時世に適した1人から7人まで幅広い人数で楽しめる、キックスターター発の華やかなボードゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)