>> おすすめボードゲームはこちら

【ニュース】ドミニオン異郷の第二版が発売決定

ぼどろぐボドゲニュースです。

何とドミニオン異郷の第二版がもう発売になるようです。

第二版ラッシュが凄すぎますね(笑)。

まだドミニオン異郷第二版のカードリストは出ていないようなので折角なので削除されるカードを予想していきます。

【ニュース】ドミニオン異郷の第二版が発売決定

ドミニオン異郷の第二版が発売されることになりました。

海外の発売日は未定ですが、海外のニュースとして発表されています。

Dominion Hinterland Second Edition (BGG)

9種類の王国カードが追加されるそうで、削除されるカードは8種類というところでしょうか。

また、本作はアップデートパックとして、拡張で追加されるカードだけが入った製品も発売されるとのこと。初版を持っている人向けのカードですね。ただ、日本語版はアップデートパック系は発売されてきていないので、難しいかもしれません。

ドミニオン異郷とは?

ドミニオン異郷はドミニオンシリーズの第六拡張です。

獲得時に即時何らかの効果が発動する「獲得時効果」を初めて採用した拡張です。また、リアクション財宝などこれまでになかった組み合わせのタイプも登場します。

ただ、これ以降の拡張で同様の獲得時効果を持つカードは出ておらず、デザイナーがカードバランスを取るのが難しかったという印象があります。

購入即時効果は、のちの第二世代ドミニオンで「イベントカード」として採用されてますね。なのでそことの差別化が難しい気もします。

ということでドミニオン異郷第二版となり、一体どのようにテコ入れされるのか。かなり期待が高まる拡張になっています。

ちなみに異郷は、海辺と並んで非常に取っつきやすいため、初心者におすすめの拡張の1つになっています。私個人のドミニオン拡張おすすめランキング2位の拡張です。

ドミニオン異郷第二版で削除されるカード予想

ドミニオン異郷第二版で削除されるカードを予想していきます。

ドミニオン異郷は、まったりした初心者向きなおすすめ拡張なのは間違いが無いのですが、使いづらいバランスの悪いカードもいくつかあったのは覚えています。

なのでそれらのカードはしっかりテコ入れが入ると予想します。

これまでの傾向として、第二版で削除されるカード+1枚が、第二版で追加されるカードなので、今回は8枚削除になると思います。

では見ていきましょう。

公爵夫人

  • 2コスト。+2金。全員のデッキトップを見て捨てるかを選択。公領獲得したらこのカードを獲得可能。

かなりひどい効果のカード。

1アクション消費して2コスト2金は、多くの場合パワー不足。デッキトップ見る系は得てして弱い。

公領獲得したときにこんな弱いカード要らない。。。

ということで、何でこんな効果になったのかさっぱりわからないカード。

間違いなく削除されるでしょう。

愚者の黄金

  • 2コストリアクション財宝。+1金。2枚目からは+4金。リアクションで他プレイヤーが属州獲得すると、これを破棄して金貨をデッキトップに置く

2コストにしては異常にカードパワーの高いカード。

極端な話、このカードばかり買うだけでも、十分に戦略として成立する。

3枚手札に来たら+9金で属州ですからね。。。流石に強すぎるでしょ。2枚でも+5金で十分強い。

リアクションも非常に強力で、2コストカードが金貨に変わっていく。後半はガンガン金貨にしていくと良い。

ということで、こればかり買うような面白みのないゲームになるので、削除されると予想します。

開発

  • 3コスト。手札1枚破棄して、+1コストと-1コストのカードを1枚ずつ獲得する。獲得カードはデッキトップに置く

改築シリーズ。。なのですが、ものすごく使い勝手が悪い。

改築シリーズに求められるのは、破棄と強化能力ですが、破棄はチマチマ1枚破棄が関の山。強化も下手したらー1コストで要らないカードをもらうことに。

+1コストでは金貨⇒属州のような強化も出来ない。

流石に弱すぎてテコ入れが入ると予想します。

オアシス

  • 3コスト。+ドロー+1アクション+1金。手札1枚捨てる

3コストとしてボチボチな気もしますが、手札1枚捨てが結構厳しく、あまり購入されない印象。

シンプルな効果なので、3コスト相応ということで、これは残るかもしれません。

義賊

  • 4コスト。+1金。他プレイヤーのデッキトップ2枚を公開。金貨が銀貨なら1枚選んで破棄。そのカードを獲得できる。財宝カードを公開しなかった場合は銅貨を押し付ける。獲得時にも同じ効果を発動。

基本セットのドロボウが弱すぎて、ここまで改良を重ねてきた賊シリーズですが、改良後だとしてもこのカードはイマイチ強くない。

+2金位あっても良かったですね。

基本セットの「山賊」の効果を見ればわかるように、賊シリーズはあれくらいの高威力じゃないと使い物にならない、ということがわかってきたということでしょう。

泥棒が居なくなり、海賊船もいなくなり、デッキトップをめくって財宝を破棄&獲得する賊シリーズのカードは、第二版では軒並み削除になると思いますね。

埋蔵金

  • 5コスト財宝。+3金。獲得時に銅貨2枚獲得。

5コストの特殊財宝はあと+1コストで金貨になるので、効果のバランスが難しい印象。

このカードは金貨の効果にお邪魔銅貨をつけることでバランスを取っています。

ただ、効果として面白みが全くないのと、一旦金貨を買い始めるとまた金貨を買うのはたやすいので、このカードは見向きもされなくなっていく。

庭園のような特殊勝利点のために、大量に銅貨を集める用途には使えるが、今度は逆にこのカードばかりを買うようになりこれまた面白みがない。

ということでテコ入れ対象かと思います。

官吏

  • 5コスト。+3金。手札1枚をデッキトップに戻す。獲得時にプレイエリアの財宝カード全てをデッキトップに置く。

5コスト+3金は、異郷発売当時としては珍しい効果で、+3金はそれなりに強い印象もあった。

しかし、今の環境を見てみると5コストカードに+3金なぞ当たり前のようについていて、別に全然珍しくない。

+3金だと強いと判断されたのか、デッキトップに戻すデメリットが付いてしまっている。

また、全ての財宝カードをデッキトップに置いても、これを獲得=5金くらいしかないわけで、銅貨や銀貨を置くのが関の山。そもそもこのカード欲しくない。。

ということで明確にイマイチなカードでした。

宿屋

  • 5コスト。2ドロー2アクション2枚捨て。このカード獲得時に捨て札の好きなアクションをデッキに加えてシャッフル

通常効果は5コストにしては弱い。それを補うために購入時即時効果を持たせたのだと思うが、購入時効果も別に強くない。

総じて面白いがあまり買われることのないカード。


以上、ドミニオン異郷第二版のニュース速報でした。

こう見てみると、ドミニオン異郷のウリの効果である「購入時に即時発動する」系の効果を持つカードが、軒並み弱すぎることがわかりますね(笑)。

それが以降の拡張で採用されていない理由なのだと思いますが。1度きりの効果、ってこのゲームに置いてバランスとるの絶対難しいですよね。

強くしすぎるとみなそのカードを買うようになるし、弱くしたら今回のように購入時効果含めてもいらないカードってなるし。

異郷第二版では、一体どのようなバランスを取ってくるのか、非常に楽しみです。

購入したら+1ターンみたいなカードがあっても全然いい気がしますね。

ドミニオン第二版ラッシュが止まらない!

次は遂に暗黒時代でしょうか?楽しみですね。

ドミニオン関連おすすめ記事

ドミニオン海辺 第二版 ボードゲーム紹介と追加削除されるカードのレビュー ドミニオン拡張「繁栄」の第二版。追加削除される全カードのレビュー ドミニオンの全拡張の紹介と、おすすめな購入順の紹介です。【ドミニオン】全拡張の紹介と初心者にもおすすめな購入順の紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)