『バレット』ボードゲームの開封レビュー

今回はアソビションさんから2021年8月に発売されたばかりのボードゲーム『バレット』の開封レビューになります。

想像を遥かに超えて面白かったのでしばらく『バレット』特集をお送りします。

今回はボードゲーム『バレット』のコンポーネントを紹介します。

『バレット』のコンポーネント紹介

箱から順に開けていきます。

外箱

見た目通りの箱です。

『バレット』は海外のデザイナーの作品ですが、女性キャラクターが8体出てくる凄い日本チックなボードゲームです。

このLV99のデザイナーさんは日本のゲームが大好きな方で「ミレニアムブレード」などは遊戯王をモチーフにしてますし、この「バレット」も東方などの日本の弾幕系シューティングゲームを参考にしたそうです。

見た目の好き嫌い分かれそうですが、見た目で判断するには非常に勿体ない面白さの作品ですね。

「15分」「簡単」と書かれていますがこれはいつも通り嘘です(笑)。

1人プレイも可能ですし、4人でバトルロイヤルも可能ですし、2対2のチーム戦も可能ですし、4人でボスに挑む協力プレイも可能です。凄い守備範囲ですね。

説明書

箱を空けるといつも通り、まずは説明書。

説明書は半分がルールの説明なのですが、後半は何とキャラクターの設定になっています。各キャラクターに個性のあるボードゲームなので、こういう設定情報は良いんじゃないでしょうか。

ルールは慣れると確かに簡単なのですが、初プレイ時は若干読みづらさのある説明書でした。

概要説明

説明書とは別に1枚ゲームを始めるための準備からルールまで概要を説明した説明書が入っています。

これが非常にわかりやすく出来ているので、初プレイ時は説明書読まずにとりあえずこのシートを読めば、9割がた理解できると思います。

各種タイル類

タイル類はゴッソリ入っています。

全モードに使用される弾丸タイルや、プレイ毎に使い分ける能力タイルがあります。

キャラクターボード

各プレイヤーのボードは、キャラクターの見た目や特徴を書いたボード、弾丸を配置するボード、特殊能力を発動させるためのボードの3つからなるのですが、それらが8キャラクター分まとめて入っています。

ややペラペラなので、曲がらないように最初に入っている包装を捨てずに使い続けた方が良いように思います。

バッグ

白い方は共通のサプライバッグで、ここから弾丸を一定数引いて、各プレイヤーの黒バッグに入れることになります。

各プレイヤーはこの黒バッグから弾丸タイルを引いて、自分のボードに配置して行きます。

各種カード類

最後はカード類です。

各キャラクターの弾丸消し用のパターンカードや、ボスの能力発動用のカードなど色々入っています。

カードはかなりやわらかい品質の紙が使われているようなので、可能ならハードスリーブに入れた方が良いように思います。リアルタイムゲームなので焦るあまりにカードを曲げてしまった…なんてことになったら目も当てられません。


以上、『バレット』のボードゲーム開封レビューでした。

個人的には想像を遥かに超えて面白く、直近だとかなりハマりそうな作品です。

弾丸チップが木製のデラックス版が数量限定で発売されていたらしいのですが、もう売り切れで再販はないそうです。。。これはデラックス版を買っておくべきでしたね。追加コンポーネントだけ別売りしてくれないかしら・・・

絵が苦手な方も、これを遊ばないのは勿体ない位素晴らしい作品だと思うので、気になる方はチェックしてみてください。

次回はバレットの詳細を紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)