>> おすすめボードゲームはこちら

ドミニオン「略奪(Plunder)」:戦利品関連のカードレビュー

ドミニオンの15個目の拡張「略奪(Plunder)」のカードレビュー続きます。

今回は、ドミニオン「略奪」の強力な新ルール「戦利品(Loots)」関連のカードレビューとなります。

今回は「戦利品を得る」ことが出来る王国カードと「戦利品」について紹介していきます。

ドミニオン「略奪(Plunder)」:戦利品のカードレビュー

「戦利品」はドミニオン「略奪」で追加された新ルールです。

このルールは非常に簡単で「戦利品を獲る」効果を受けた場合、15種類30枚からなる戦利品デッキから1枚ランダムに獲得するのが戦利品ルールです。

15種類のかなりユニークなカードを1枚獲得してデッキ強化することが出来ます。非常に面白そうなルールですね。

まずは15種類の戦利品がどんなものかを紹介していきます。

戦利品は、何れも7コスト相当で金貨より強い設計になっていますが、当たりはずれあると思うので、個人の主観であたりか外れかを評価していきたいと思います。

Amphora(アンフォラ)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・今か次のターンの開始時に+3金+1購入

アンフォラは、取っ手が2つあり、油やワインを注ぐための古代の容器の1つです。

+3金+1購入を今か次のターンに使用。こんな感じで戦利品は基本的には「+3金+1購入」が能力のベースとなっています。

つまり6金の金貨より明確に強い設定になっているわけですね。

手札が事故って大して良いものが買えない場合もあるので、次のターンに持ち越せる効果は中々魅力的。

オーソドックスな戦利品という感じでしょう。

プレイ前評価:★★★☆☆

Doubloons(ダブロン金貨)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・+3金
・これを獲得した時、金貨1を得る

ダブロン金貨は、スペインやアメリカで使用された金貨です。

単体で金貨の能力を持ち、更には金貨をおまけで得ることが出来ます。

金貨2つ分の戦利品ということでしょう。

悪くは無いが金貨2枚は普通にやっていても獲得できるため、もう少し戦利品でしかできないような、面白い特殊効果が欲しいところです。

プレイ前評価:★★★☆☆

Endless Chalice(終わりなき聖杯)

コスト
タイプ財宝・持続・戦利品
効果・今と以降の全てのターンの開始時、+1金+1購入

聖杯戦争に勝ち、見事に戦利品「聖杯」を獲得したプレイヤーは、永続的に+1金+1購入を得ることが出来ます。

はっちゃけた効果の戦利品が来ましたね。これですよこれ。

常時+1金の効果は、ルネサンスであったアーティファクト「鍵」と同じ効果です。

「鍵」もかなり強力な効果でしたが、この聖杯はカギと違って他のプレイヤーに奪われることがありません。

更に+1購入永続も地味に嬉しい効果。最近のドミニオンではインフレして+金が余るようになった結果、+購入の価値が上がってきています。

見事この聖杯を獲得したプレイヤーは、かなりアドバンテージになるでしょう。

プレイ前評価:★★★★★

Figurehead(船首像)

コスト
タイプ財宝・持続・戦利品
効果・+3金
・次のターンの開始時+2ドロー

Figureheadは、船の先頭、船首に付けられている像のことです。ワンピースの船でメリーとかサニーの顔がついている部分のことですね。

凄いものが戦利品になったものです。。。

シンプルに金貨の効果と次ターン+2ドローは強力。次ターンに2ドローは研究所2回使ったものと同じ効果で、そんな効果を次ターンに発動させた上で、今のターンは金貨相当の効果も得られる。かなり強烈で当たりの部類ではないでしょうか。

プレイ前評価:★★★★☆

Hammer(ハンマー)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・+3金
・コスト4までのカード1を獲得する

まさかのハンマーが戦利品。。。

名前で嫌な予感がしていましたが、おまけ効果はまさかの「工房」で期待外れ感が半端ない(笑)。

いや、流石に残念過ぎるでしょ。

しかも何故か効果は強制で、何か4コストカードを1枚得ないといけません。どうしたこれ。

戦利品カード全部高評価にしちゃうとレビューの意味が薄れるので、こういうイマイチ感のあるカードには忖度なく低評価を付けていきます。

プレイ前評価:★☆☆☆☆

Insignia(バッジ)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・+3金
・このターン、カードを獲得した際、デッキトップにおいても良い

Insigniaは、記念の印、記章、バッジのことです。

効果は繁栄の財宝カード「玉璽」の強化版。って玉璽は第二版でドロップしてしまいました。

ドミニオンは購入したカードが次に手札に来ることを楽しみにするゲームなので、そういう意味ではこの効果はかなりドミニオンの本質にマッチしています。

ただ、デッキトップに置く効果は、玉璽の不採用からもわかるように、そこまで高評価されていません。

私は好きな効果ですが、戦利品がっかりランキングでは上位になりそうな予感です。

プレイ前評価:★★☆☆☆

Jewels(宝石)

コスト
タイプ財宝・持続・戦利品
効果・+3金+1購入
・次のターンの開始時、このカードをデッキの底に置く

シンプルにわかりやすく嬉しい「宝石」

何と次のターンにデッキに戻ってきます。。。って戻ってくるの底かい・・・デッキトップじゃないんかい。。。

まあデッキトップに戻ってしまうと毎ターン使えるので流石に駄目でしょうが、デッキ底だとどうなるんだ。

デッキの底のこのカードを引いた場合、大体リシャッフル入るはずなので、山はまた膨れ上がって、その状態で使用するとまたデッキ底に潜って・・・ってあれ?これ何の意味も無くない?山の中に1枚だけ眠っている状態と山札の底にある状態。全然変わらなくね?

真珠取りのようにデッキの底から持ってくるようなカードがあれば別ですが。ちなみに真珠取りは海辺2版で不採用に(笑)。

必ずそこに+3金+1購入がある、とわかっている状態が嬉しいんだろうか。謎ですね。いや弱いでしょう。

プレイ前評価:★☆☆☆☆

Orb(オーブ)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・あなたの捨て札を見て次から選択。その中からアクションか財宝を1つプレイする。もしくは+3金+1購入

戦利品一般効果の+3金+1購入するか、もしくは捨て札からアクションか財宝をプレイ。

捨て札からアクション財宝プレイは、拡張「同盟」の4コスト「急使」の効果。

それなりに便利ではあるが、それ単体で無茶苦茶強いとは言えない効果で、このカードも同じことが言えそうです。+3金+1購入は6コスト以上の効果なので、それより便利なアクションや財宝カードってそんなにないですよね。

イマイチじゃないかなぁ。

プレイ前評価:★☆☆☆☆

Prize Goat(賞品のヤギ)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・+3金+1購入
・手札からカードを1枚破棄しても良い

ヤギは夜想曲に登場したカードで「1金1枚破棄」の財宝カードでした。

たったそれだけの効果ですが、やはり破棄能力はこのゲームでは正義で、かつ財宝なので必ず破棄して行けるためかなり便利で強力なカードでした。

景品ヤギになりさらに魅力が増した本カードが弱いわけないですね。

大当たり戦利品と予想します。

プレイ前評価:★★★★★

Puzzle Box(パズルボックス)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・+3金+1購入
・手札からカードを1枚伏せてわきに置く。ターンの終了時にそれを手札に入れる。

ノーマル効果に加えて次のターンに不要カードを持ち越せる効果。

手札を全て無駄なく使い切ることは稀なので、手札からの次ターン持越しはそれなりに便利でしょう。

プレイ前評価:★★★☆☆

Sextant(六分儀)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・+3金+1購入
・デッキトップから5枚を見る。好きな数だけ捨て札にし、残りを好きな順番で戻す。

Sextantは、天体の角度を測定して、自身の位置を計算するための器具です。

日常ではまず使わない英単語ですね(笑)。人生で初めて聞きました。

通常効果に加えて5枚もデッキトップを見る効果付き。デッキトップ5枚自由に調整できる効果って過去中々ないですよね。3,4枚ならあった気がするが。財宝カードで+ドローついているカードも出てきたので、そのままコンボしても良いですし、次のターンの手札を強化しても良い。普通に強いですしょう。

プレイ前評価:★★★★☆

Shield(シールド)

コスト
タイプ財宝・リアクション・戦利品
効果・+3金+1購入
・他のプレイヤーがアタックカードを使用した際、最初にこれを公開して効果を防いでも良い。

分かりやすい名前と効果のカードです。

いわゆる「堀」がついた戦利品カード。気になるのは「最初にこれを公開する」という点。盾で防いだ場合は、アタックがキャンセルされ、他のリアクションは発動しないということかな?

評価は難しいですが、アタックが多い場だと普通に当たりで、アタックが無い場だと完全に外れです(笑)。戦利品にアタックカードがあるので完全に無駄になることは無いですが、王国カードにアタックが無いとちょっと厳しいでしょう。

効果のブレ幅が大きそうですね。

プレイ前評価:★★★☆☆

Spell Scroll(魔法の巻物)

コスト
タイプアクション・財宝・戦利品
効果・これより安いカードを獲得するために破棄しても良い。アクションか財宝ならそれをプレイしても良い。

色々と凄い効果のカードです。

てっきり呪いでも発射すると思いきや、変化の巻物だったらしく、6コスト以下のカードに変化します。

このカードを金貨にしては本末転倒なので、6コストアクションを狙うのが良いでしょうか。5コストアクションはちょっと戦利品にしては弱いかな。

ゲーム終盤なら公領や6コストの特殊勝利点などと変化させてもよさそうです。

このカードの凄いのはアクション・財宝、というタイプです。こんなカード初めてじゃないですかね。アクションとして使ってしまうと、アクション権を失いますが、獲得したアクションを即発動可能。

アクション権使い切っても財宝カードとしても使用可能。

ただ、物珍しいだけで効果としてはどうなんだろう。使いきりで破棄してしまうので、結局6コストカードを獲得したのと何も変わらないような。。。戦利品に求める強さにはならない気がしますね。

プレイ前評価:★☆☆☆☆

Staff(杖)

コスト
タイプ財宝・戦利品
効果・+3金+1購入
・アクションカードを1枚手札からプレイしても良い。

通常効果に謎のアクション1回使用権付き。

こんな感じで本作は、アクションと財宝カードの境目が大分薄れてますよね。アクションフェイズで使える財宝とか、購入フェイズで使えるアクションとか。かなり悪さできる組み合わせとか生まれそうだけどどうなんでしょうか。

このカードは結構色々素敵なコンボ出来るポテンシャルを持ってて、「魔女」持ってたら呪い打てて良しですし、「書庫」持ってたら、購入フェイズで手札が減りまくった後から7枚まで手札補強できますし、他にも色々悪さできそうな気がします。

強戦利品の1つではないでしょうか。

プレイ前評価:★★★★☆

Sword(ソード)

コスト
タイプ財宝・アタック・戦利品
効果・+3金+1購入
・他のプレイヤーは手札を4枚になるように捨て札にする。

盾があれば剣もある。劣化版ですが民兵アタックを打てます。

手札を3枚にするアタックは初代「民兵」が非常に強すぎたようで、以降は大体手札を4枚にするアタックに劣化しています。

「同盟」のバーサーカーみたいに、手札3枚アタックは出ていますが、正直5コストの癖に民兵より弱く、如何に4コストでの3枚アタックが強力だったかを物語っています。

本作は手札が6枚以上になった状態でターンを終わる効果も多く、そういう効果にはドンピシャで刺さります。

ということで普通に強力なアタック戦利品と言っていいでしょう。

プレイ前評価:★★★★★

ドミニオン「略奪(Plunder)」:戦利品を獲得するための王国カードレビュー

ここからは先ほど紹介した戦利品カードを獲得できる「王国カード」を紹介します。

実は戦利品を獲得するための手段は、王国カードの他にも用意されているのですが、次回以降まとめて紹介します。

具体的にはイベントカードなどからも得ることが出来るようになっていますが、イベント紹介の記事でまとめて紹介しようと思います。

Jewelled Egg(宝石の卵)

コスト
タイプ財宝
効果・+1金+1購入
・これを破棄した際、戦利品1を得る。

宝石に装飾された卵をパかっと開けると中からはジャラジャラ宝石が。

そんな感じで戦利品が出てきます。

破棄できなければ銅貨に毛が生えた程度でヤバいです。早く戦利品にしたいところ。

こういう効果のカードがあるから、破棄系カードが多かったんですね。

2コストと安く、破棄系カードもコストが安いものが多いので、パカパカ開けて戦利品大量GET出来そうですね。

プレイ前評価:★★★★☆

Search(探索)

コスト
タイプアクション・継続
効果・+2金
・次にサプライの山が1つ空になった場合、これを破棄して戦利品1を得る。

戦利品を探索する旅に出て、見事サプライが空になって探しつくしたら、戦利品GET。というカード。

2コストアクションは非常に弱く、正直おまけ程度。幸い1度使用すると二度と戻ってこないので、最序盤の+2金のために購入し、後はサプライを空になるのを待つことになるだろうか。

6金3購入ある状態でこれを3連打とかするだろうか。。。いやー、きついでしょう。序盤過ぎると買いづらい気がしますね。

ただ、序盤も2,5スタートなら全然アリだが、3,4スタートではちょっと買いづらいカード。

サプライを空にするのも狙わないと難しいのが難点。とにかくこれを買いまくってこの探索の山を空にするのが早いでしょうか?戦利品を得るまでの労力がかかりすぎて、あまり強くない気がしますね。

プレイ前評価:★☆☆☆☆

Cutthroat(殺し屋)

コスト
タイプアクション・持続・アタック
効果・他のプレイヤーは手札を3枚になるまで捨て札にする
・いずれかのプレイヤーが次にコスト5以上の財宝カードを獲得した際、戦利品1を獲る。

何と物騒なカードが登場。

カットスロート。throat=喉。cut=切る。喉を掻っ切る殺し屋です。

手札3枚にするアタックは多くないと書いておきながら、あっさり登場しましたね(笑)。仕方ないね。名前は物騒ですが効果は民兵アタックと同じ。民兵は殺し屋だった!?

アタック効果はわかりやすいですが、自分へのメリットが5以上財宝確保までお預け、というのが条件難しそうですがどうなんでしょう。

大体が戦利品か金貨を確保して発動する感じでしょうか。金貨は1ゲームでそれなりに購入されるカードなので、そこそこの発動頻度になりそうですね。

相手の殺し屋の発動を防ぐために金貨を買わない、なんていうプレイも出てくるんでしょうか。

プレイ前評価:★★★★☆

Pickaxe(つるはし)

コスト
タイプ財宝
効果・+1金
・手札からカードを1枚破棄する
・コストが3以上だったなら戦利品1を獲得し、手札に入れる

コスト3以上のカードを破棄すると、戦利品になり、かつ手札に入る。

財宝カードであれば5コストだとしても正直+1金+1破棄だけでも十分便利だと思います。

戦利品に3コスト以上のカードを破棄するだけの価値があるかですが、手札に入るので、3コストカードを7コスト相当の戦利品にアップグレードしたと考えると中々強い気がしてきます。

似たような効果の「鉱山」を使っても銀貨⇒金貨に進化させるだけなので、銀貨⇒戦利品に進化できると鉱山以上の働きです。

ということで強カードと予想。

プレイ前評価:★★★★★

Wealthy Village(豊かな村)

コスト
タイプアクション
効果・+1ドロー+2アクション
・これを獲得した際、あなたが3つ以上の異なる名前の財宝カードをプレイしていた場合、戦利品1を獲得する。

5コスト村シリーズは中々強いものが多いですがこのカードはどうでしょうか。

何と3つ以上の異なる財宝カードプレイ時に獲得したら戦利品を獲得。

え?

条件厳しすぎませんかね(笑)。素の効果は村同等なので当然コストで買うからには戦利品が得られないと難しいですが・・・

これで戦利品を狙うというよりは、適当にプレイしていてたまたま財宝カードが3種類以上場にあったら、戦利品カードのおまけにこれを貰う、という感じな効果ではないでしょうか。

金・銀・銅で6金で金貨買う代わりに、村と戦利品がついてくる、と考えると結構強い気もしてきますね(笑)。

ということで、無理にこのカードの条件が合うように狙うものではないですが、たまたま条件が揃ったら買った方が良いカードということで評価は高めにしておきます。

プレイ前評価:★★★★☆

Sack of Loot(戦利品の袋)

コスト
タイプ財宝
効果・+1金+1購入
・戦利品1を獲る。

シンプルイズザベストの戦利品の袋。

素の能力は銅貨に毛が生えた程度ですが、7コスト相当の戦利品を使うだけで必ず獲得可能。

終盤はともかく、序盤で金貨とこれどちらを買うかと言われると恐らくこっちを買いますね。

山盛りの戦利品プレイが楽しめそうです。

プレイ前評価:★★★★★


以上、ドミニオン最新拡張「Plunder(略奪)」の戦利品絡みのカードの紹介でした。

7コスト相当に調整された戦利品の数々。使ってみるのが非常に楽しみですね。

次回はまたまた再登場「イベント」カードを紹介していきます。

>> BGG公式HP

>> ドミニオン同盟紹介記事

おすすめ関連記事

ドミニオン「略奪(Plunder)」:通常効果のカードレビュー ドミニオンの全拡張の紹介と、おすすめな購入順の紹介です。【ドミニオン】全拡張の紹介と初心者にもおすすめな購入順の紹介 おすすめの人気ボードゲーム60選【2023年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。