コードネーム:ディズニーエディション ボードゲーム紹介とレビュー

今回はホビージャパンさんより2021年6月に発売が予定されているボードゲーム「コードネーム:ディズニーエディション」のゲーム内容を紹介していきます。

何とあのコードネームにディズニーエディションが登場です。何と日本語版です!

コードネーム:ディズニーエディション 基本情報

デザインVlaada Chvátil
プレイ時間約15分
プレイ人数2-8人
対象年齢8歳以上
版元Czech Games
販売ホビージャパン
発売日2021年6月
希望
小売価格
3,300円(税込)

コードネーム:ディズニーエディション ボードゲーム概要

出題者のヒントを手掛かりに、相手チームより先にディズニーの宝物をみつけよう!

2つのチームが、格子状に並んだ宝物カードの中から、自分のチームのカードすべてを先に見つけようと競っています。

それぞれのチームの出題者だけが、自分のチームの宝物カードの場所を知っています。出題者は、自分のチームメイトに宝物カードを当ててもらうため、ヒントの言葉を言います。

ただし、ヒントを誤って解釈すると、相手チームを有利にしてしまうかもしれません。このゲームは先に自分のチームの宝物カードをすべてを、相手より先に明らかにすることが目的です。

「コードネーム」は、出題者の出すヒントから正解のカードをみつける、勝っても負けても楽しめるパーティゲームです。たくさんのディズニーの宝物が加わって、さらに素敵なゲームになりました。

引用:ホビージャパン公式HP

コードネーム ルール概要

コードネームは、2016年のドイツ年間ボードゲーム大賞を受賞している作品です。

引用:BGG

2つのチームに分かれて、各チームの親プレイヤーが出したヒントの答えを、それぞれの仲間プレイヤーにいち早く当てさせるゲームです。親プレイヤーが「国の名前」とか言ったら、子プレイヤーは目の前の5×5のカードの中から国の名前だと思われるカードを当てていくことになります。

その際、「仲間に当てて欲しいマス」と「仲間には当てて欲しくないマス」があるので、それらのアンドを取れる形でヒントを出していく必要があります。

例えば「国の名前」とかヒントを出すと「アメリカ」のカードと「イギリス」のカードが場にあれば、両方子プレイヤーがとってしまうかもしれません。しかし「アメリカ」は取ってほしいけど「イギリス」の方は取ってほしくないかもしれません。

そういう場合にはヒントを変えて「トランプ」とか言えばよいわけです。そこから子プレイヤーがドナルドトランプと連想して「アメリカ」のカードを取ってくれるかもしれません。しかし場に「スペード」とか「ババ抜き」とかそういうカードがあれば「トランプ」というヒントではそちらに食いついてしまうかもしれません。

そんな感じで、親だけが知っている秘密のミッションを達成するために、子プレイヤーに狙ったカードを取らせる、そのためにヒントの内容を工夫していくゲームが元祖コードネームです。

老若男女誰でも遊べるシンプルなルールながら、しっかり盛り上がるボードゲームです。

このコードネームはパーティ系ゲームとしてかなり良く出来ておりロングセラーで、2人協力だったり、絵柄にしたバージョンだったり様々なバージョンが出ています。

コードネーム:ディズニーエディションの通常版との違い

そのコードネームがディズニーとコラボしたのがこのディズニーエディションです。

え?マジすか。。。大丈夫っすか。色々と。

ボードゲームに限らず版権モノだと、版権の関係で輸入が厳しくて日本語化されない、というか日本語化の敷居が非常に高いわけですが、何とその問題を解消して何と世界一有名なネズミの国から、ディズニーエディションが登場です。

引用:BGG

通常のコードネームとの違いですが、

コードネームの文字で連想させる「コードネーム通常版」と、絵柄で連想させる「コードネームピクチャーズ」のシステムの両方に対応しています。表面が絵柄で裏面が文字。使用するお題用に200枚のカードが入っているので、何度も何度も遊べると思います。

出てくる絵や単語は、当然ながら全てディズニーに関係するもにになっています。ディズニー好きな大人は勿論子供でも楽しめますね。

そしてボードゲームには珍しく、何とオマケにディズニーのスタンドがついているようです(笑)。ディズニー好きな方は非常に多いですし、こういうオマケはコラボものには重要でしょうね。ちょっと気になります。

コードネーム:ディズニーエディション 内容物

  • 宝物カード200枚
  • キーカード60枚(初級20枚、上級40枚)
  • カバーカード25枚(青8枚、赤8枚、中立7枚、両面1枚、ゲームオーバー1枚)
  • カードスタンド1個
  • ルールブック1部

コードネーム:ディズニーエディション 紹介のあとがき

以上、ボードゲーム「コードネーム:ディズニーエディション」のゲーム紹介でした。

コードネームは比較的シンプルなルールながらしっかりチームプレイを楽しめる良いゲームです。それのディズニーエディションということでささる人は多いんじゃないでしょうか?

コードネーム自体良く出来たボードゲームなので未プレイなら是非やるべきゲームの1つだと思いますし、基本版とピクチャーズ版を遊べるということでかなりオイシイ作品になっています。気になる方はチェックしてみてください。

これが売れて更なるコラボものが色々出てきてくれると嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)