『グラスゴー』ボードゲーム紹介とレビュー

今回はホビージャパンさんより2021年9月に発売が予定されているボードゲーム『グラスゴー』のゲーム内容を紹介していきます。

ホビージャパンさんの9月の新作ラッシュが来ましたね。

新作の1つ『グラスゴー』がどういうボードゲームなのか、所感とルール紹介を交えて説明していきます。

『グラスゴー』基本情報

デザインSystem:
 Mandela Fernandez-Grandon
Art:
 Klemens Franz
プレイ時間約30分
プレイ人数2人
対象年齢10歳以上
版元Lookout
販売ホビージャパン
発売日2021年9月
希望
小売価格
3,960円(税込)

『グラスゴー』ボードゲーム概要

短時間でプレイできる都市開発ゲーム!

現在のグラスゴーはスコットランドで最も大きな都市であり、イギリスで3番目に大きな都市です。

18世紀以来、グラスゴーの町は大規模な再構築を経験してきました。

この地域の商人たちは率先して、ヨーロッパで最初の方格設計都市の一つとなる近代的なグラスゴーを発展させたのです。

引用:ホビージャパン公式HP

プレイヤー達は商人として、イギリスのグラスゴーを発展させるべく、立ち回ることになります。

グラスゴーは2人専用のボードゲームで、ロンデル式のアクションが特徴です。

2つのミープルがタイルをぐるぐるぐるぐる回りながら、商売で資源を獲得しつつ、グラスゴーの都市に多くの建築物を建築していくことになります。

『グラスゴー』ルール概要

まずはグラスゴーの特徴である、人のタイルを円形に配置をします。

良く見る形だと思いきやそれもそのはず。Lookoutゲームズさんなのでウヴェローゼンベルグさんの会社です。パッチワークやノヴァルナよろしく円形に並べるのが特徴です。

引用:BGG

タイル上の所定の位置に、それぞれのプレイヤー用の商人コマを配置したら準備OKです。

ターンの流れ

このゲームでは手番プレイヤーは,、以下の処理を行います。

  1. 時計回りに商人コマを好きなだけ動かす(必須)
  2. 止まった場所のアクションを実行する(任意)

①時計回りに商人コマを好きなだけ動かす

狙ったタイルの位置まで好きなだけ自分のコマを移動させます。

必ず1マスは移動しなければなりません。特定のタイルは相手プレイヤーがいる場合は止まれません。

移動した場合、止まったマスのアクションを任意で実行できます。

②止まったマスのアクションを実行する

タイルには2種類あります。

  • 契約タイル
  • 建築タイル

それぞれ実行可能なアクションが異なります。

契約タイル

契約タイルに止まった場合、そのタイルに書かれている資源を獲得します。

▼契約タイル。石・鉄・金の何れかを1つ獲得

引用:BGG

資源は以下の4種類で、それぞれ各プレイヤーが所持可能な上限数が決まっています。貴重な資源ほど保持可能数が少ない設定になっています。

  • ウィスキー

ウィスキーはワイルド資源ですが、相手プレイヤーと自分合わせて1つまでしか持てません。あとから獲得した場合は先に持っていたプレイヤーはウィスキーを失います。

資源としてウィスキーが出てくるあたりが、スコットランドをテーマにしたゲーム感がありますね。

また、一部の契約タイルは資源獲得ではなく、資源を交換したり、特殊な建築アクションを行うような、効果のものもいくつか存在します。

建築タイル

建築タイルに止まった場合、資源を支払って建物を建築することが出来ます。

引用:BGG

建物の建築は2プレイヤー共通の置き場に配置して行います。グラスゴーはこの建築場所に競って建築物を建てていくゲームです。

建築タイルには、他の建築タイルが配置されると資源を生み出すものや、最終的な特殊勝利点になるものがあります

▼建築物「工場」。建築コストは鉄1。勝利点1。他の建築があると+1石。

引用:BGG

▼2人のプレイヤーが競って建築物を建築

引用:BGG

建物の配置は、必ず4×5か5×4の形になるようにしなければならず、2×10のような配置はNGです。

次の手番

いわゆるロンデルタイプのシステムで、次の手番プレイヤーは最も後ろにいるプレイヤーになります。

なのでガッツリ先に進みすぎてしまうと、他のプレイヤーが1マスずつ進まれてしまい、大量の手番を渡してしまうことになります。

個人的にはこういうロンデルタイプのゲームの進み加減が未だにわかりません(笑)

ゲーム終了条件

建物タイルが合計20個(4×5もしくは5×4の形に)配置されたら終了です。

▼4×5の建築が終わったらゲーム終了。

引用:BGG

ちなみに、自分が建築した建築物は自分の向きになっているので、後からでもわかるようになっています。

得点計算

建物には基本勝利点や特殊勝利点がついているものがあります。

  • お店:1点。4×5の角に配置されていれば+5点
  • 公園:公園を持っている数ごとに1/4/9/16/25/36点
  • ランドマーク:7勝利点
  • etc

これらの建築物の勝利点を合計して最も点数の高いプレイヤーの勝ちです。

『グラスゴー』所感

イギリスシリーズも遂にここまで来ましたか。。。

『ロンドン』や『バーミンガム』などの大都市は、既にマーティンワレスさんによってボードゲーム化されています。

そこで次はイギリス第三の都市『グラスゴー』というわけですね(笑)。

ちなみにイギリス第四の都市は『リーズ』とのこと。近いうちにボードゲーム化されることでしょう。

このグラスゴーですが、ゲームシステム自体は良くあるロンデルタイプのボードゲームです。

デザイナーはウヴェローゼンベルグさんではありませんが、ウヴェさんが設立したLookoutゲームズ発のゲームなのでワーカープレイスメントと並んで得意分野といったところでしょうか。

ロンデルしながら資源を獲得しつつ、獲得した資源を使って建築物を建築していく。非常にオーソドックスな感じですが、2人専用ボードゲームとして十分面白そうです。

まさに「パッチワーク」や「ノヴァルナ」が楽しめる人にはこの「グラスゴー」も楽しめるでしょう。

プレイ自体は非常にお手軽ですが、勝利点にはコレクション要素があるので、特定の建築物を狙っての奪い合いなど、インタラクションはそれなりに強いでしょう。まぁ2人専用ボードゲームでインタラクションが少ないゲームは少ないですけどね。

ちなみに私個人的にはロンデルのシステムが苦手で、それなりに楽しめるのですが、未だにどうやって勝つのかイマイチイメージが付かず。いつもプレイする毎に、プレイ後に首を捻ることが多いシステムです(笑)。

個人評価:★★★★★★☆☆☆☆

(6 – まあまあ良いゲーム。少なくとも幾つかの楽しさや挑戦がある。適切な雰囲気であれば単発でプレイするだろう。)

『グラスゴー』内容物

  • プレイヤーボード2枚
  • 商人コマ2個
  • 資源トークン25個
  • 建物タイル37枚
  • 建築士タイル4枚
  • 契約タイル14枚
  • ルールシート

『グラスゴー』のスリーブ

グラスゴ―はカードゲームではないので、スリーブは不要。

『グラスゴー』紹介のあとがき

以上、ボードゲーム「グラスゴー」のゲーム紹介でした。

オーソドックスな2人専用ボードゲームを遊びたい人に良いと思います。

「パッチワーク」や「ノヴァルナ」など、ウヴェローゼンベルグさんのロンデル式のボードゲームが好きな方はドンピシャなゲームだと思います。

気になる方は是非チェックしてみてください。

▼2021年の2人向きなおすすめボードゲームはこちら

【2021年】2人用・2人向けボードゲーム 個人的おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)