オルレアン(Orleans) 日本語版 拡張2「交易と陰謀」開封レビュー

オルレアン拡張「交易と陰謀」の開封レビュー記事です

今回は先日発売されたばかりのオルレアンの拡張2「交易と陰謀(Trade and Intrigue)」の開封レビューをしていきます。

オルレアン(Orleans) 日本語版 拡張2「交易と陰謀」開封レビュー

前回紹介した「侵略」と同様に、もう一つの拡張も日本語化されています。

外箱

相変わらず控えめな日本語表記です。

交易商人による「交易」と何やら裏で画策している「陰謀」の両方を表現した箱絵になっています。

裏箱

この拡張で追加される要素が全て書かれています。

  • 注文:品物を届けると高得点に繋がる注文カードの追加
  • 陰謀:他プレイヤーへの攻撃アクション
  • 新たな公益事業:公益事業ボードの内容調整
  • 新たなイベント:イベント種類の大幅増加

拡張1「侵略」に比べると控えめな拡張ですが、オルレアンのゲーム性を良い方向に変えてくれる面白そうなルールばかりです。

箱の大きさ

箱の縦横サイズは何とオルレアン基本セットと全く同じ大きさです。なので内容物に比べるとかなり大きめのサイズ。

流石に高さはオルレアン基本セットの半分のサイズになっています。

開封

パカっと・・・

こちらも拡張1「侵略」同様の特徴が感じられますね。

まず、やはりコンポーネントの量に比べて箱のサイズが大きいようで、中身が若干スカスカに感じます。

また、チャック付きビニールが1枚も入っていません。コンポーネントの整理方法はちゃんと考えた方が良さそうです。

もうワンサイズ小さくても良かったんじゃ…とも思いましたが、大きいサイズのボードが入っているため小さく出来ないんでしょうね。

各種カード類

今回新たなコマの追加は無く、新たなカードの追加のみです。

説明書

取説です。しっかり日本語化されています。

基本セット・侵略・交易と陰謀の3つの説明書を見てきましたが、書き方が統一されてそうでされていないような気がしますね。欠品チェックのために内容物の記載場所を探していましたが、記載場所はどれも違いました。「交易と陰謀」に関して言えば、この取説の表紙の部分に書かれています。

各種タイルとボード類

新しいイベント用のイベントタイルが山のように入っています。これはかなり大きな影響がありそうですね。

また、「交易」用と「陰謀」用に両面仕様のサブボードが1枚入っています。

今更ですが、若干日本語の文字の小ささは気になるかもですね。私はまだ全然大丈夫ですが、年を取ると老眼でこういう小さい文字を見るのはきつくなってきそうですね。アイコン化さえているので遊べるとは思いますが。

全て取り出すと・・・

基本セットや侵略拡張と同様にこちらも全てのコンポーネントを取り出すと空箱になりました。

基本セットや侵略拡張に比べると内容物は多くはなく、やはり拡張としてはややサイズの小さい拡張ですね。

全ての内容物を確認した限りだと…拡張1「侵略」も購入された方は、この「交易と陰謀」の拡張は全て「侵略」の箱に入れてしまうのが良さそうですね。拡張1,2を一緒に1つの箱に入れて丁度いい位の収まり具合になると思います。

終わりに

以上、オルレアン日本語版拡張2「交易と陰謀」の開封レビューでした。

拡張としてのサイズは小さいですが、既にMUST拡張だと言われている位に評判は良い拡張だと聞いています。早く入れてプレイするのが楽しみです。

次回は…未定ですが、オルレアン関連で何らかの紹介をしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)