カンタループ 刑務所入獄 ボードゲーム紹介とレビュー

今回はホビージャパンさんより2021年8月に発売が予定されているボードゲーム「カンタループ 刑務所入獄」のゲーム内容を紹介していきます。

1人から遊べるシリーズ物の第一弾で、海外では既に高い評価を得ている作品です。

ということで「カンタループ 刑務所入獄」がどういうボードゲームなのか、所感とルール紹介を交えて説明していきます。

カンタループ 刑務所入獄 基本情報

デザインSystem:
 Friedemann Findeisen
 Grzegorz Kobiela
Art:
 Kerstin Buzelan
 Klemens Franz
 Johannes Lott
プレイ時間約300-480分
プレイ人数1人
対象年齢16歳以上
版元Lookout
販売ホビージャパン
発売日2021年8月
希望
小売価格
4,400円(税込)

カンタループ 刑務所入獄 ボードゲーム概要

“フック”カーペンターはカリスマ性と機知に富んだ詐欺師だ。

腕前は超一流だったが、十年前に騙され、警察に追われることとなった。そして今、彼はカンタループ島に戻り、全力での復讐を誓ったのだ!

だが、その計画には仲間が必要だ。問題は……街で最高のハッカーは服役中だということだ。

ただ、フックにとっては些細な問題に過ぎない。必要なのは、刑務所に「入獄」する方法だけだ……。

引用:ホビージャパン公式HP

カンタループ 刑務所入獄 ルール概要

カンタループはいわゆるアドベンチャーブックタイプのボードゲームです。

プレイヤーは盤面に登場する様々なものを自由に探索することで、その結果得られるモノや出来事を楽しむことが出来ます。

ルールは非常に簡単です。

▼見るからにワクワクする探索好きには堪らない探索アドベンチャーゲーム

探索する場所

目的を達成するために、マップ内の好きな場所を探索していきます

プレイしていくとドンドン探索できる場所は増えていき、探索する場所によって得られるモノや情報も当然変わってきます。

探索する方法

探索する場所には、いくつかの怪しい探索ポイントがあり、それらと手持ちのアイテムカードを組み合わせます。

そうすることで、探索ポイントでアイテムを使うと、何らかのイベントが発生します

例えば、探索ポイント「ロープ」に対して、アイテム「ナイフ」を使う、その結果どうなるか…というような感じですね。

探索の結果

探索の結果をデコーダで確認します。探索ポイントとアイテムの組み合わせると、何らかの英数字の組み合わせになります。その英数字の組み合わせを結果一覧から探します。

更にそのままでは何が書いてあるかわからないようになっているので、赤いフィルム「デコーダ」を使用します。これを通して確認することで、探索してどうなったかの結果がわかるようになっています。

非常に重要なものが見つかったり、逆にしょうもない結果が待っていたり、探索する場所とポイントと使用するアイテムで結果が大きく変わってきます。

この、探索と結果を繰り返していくことで、最終的に目的を達成することを目指します。

カンタループ 刑務所入獄 所感

カンタループは2020年に海外で発売されているアドベンチャーゲーム系の作品で、BGGでは既にかなり評価の高い作品です。

結果の確認に、デコーダを使用するという手間があり、何と推奨人数は1人ベストとなっています。基本1人で遊びつつも2人プレイもかなりお勧めされているようですね。ソロプレイが好きな私のような方には、かなりお勧めできるんじゃないでしょうか。

1か所探索して結果をデコーダで確認という順番なので、並行して探索がしづらい仕組みになっており、4人プレイなどだとやや作業分担しづらいと思います。

アドベンチャーゲーム系のボードゲームは徐々に探索していく楽しさがあり、一般的な戦略立てて運と実力で楽しむユーロなボードゲームとはまた違った感覚ですが、これはこれの面白さがあります。1つ1つ未知の場所を探索することが好きな方はワクワクできることでしょう。

そもそも刑務所に侵入するというルパン3世ばりの中々変わったシチュエーションで、ストーリーの背景から既に面白いってやつですね。

プレイ時間は何と驚異の300~480分。5時間~8時間ということ。これはかなりミッチリ楽しめそうです。通常の脱出系のボードゲームのプレイ時間が1~3時間程度なので、その倍位は楽しめるということですね。

対象年齢が珍しく16歳以上となっていることから、それなりに年齢を意識した表現が出てくると思われます。

リプレイ性に関してはどこまであるかはわかりませんが、ストーリーはネタバレしつつも別の探索なども楽しむことで、2周以上も遊ぼうと思えば遊べる気もします。

このカンタループはシリーズモノになっており、海外では既にいくつかの続編が出ています。この1作品目が上手く売れれば続編も発売されるかもしれませんね。

カンタループ 刑務所入獄 内容物

  • アドベンチャーブック
  • 両面印刷ポスター
  • カード 60 枚
  • はがき
  • フラグシート
  • デコーダー(赤い半透明のシート)

カンタループ 刑務所入獄 紹介のあとがき

アドベンチャーゲーム系のボードゲーム中々流行りですね。

ミッチリ濃厚なストーリー仕立てのボードゲームを楽しみたいならお勧めでしょう。

私のように1人プレイのボードゲームを探している方にはおすすめです。私も購入してプレイしてたらまた追記したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)