イーオンズエンド(Aeon’s End)独立拡張 ウォーエターナル(War Eternal)カードレビュー「遺物」

「イーオンズエンド」の独立拡張セット「ウォーエターナル(War Eternal)」のカードレビューになります。

今回は「イーオンズエンド」の独立拡張セット「ウォーエターナル(War Eternal)」の「遺物」カードのレビューをしていきます。

この拡張に登場する遺物の種類はなんと5種類のみ。若干少ない感じがしますね。

https://bodolog.com/category/boardgame/aeons-end/

↓早くも発売が楽しみすぎるイーオンズエンドの大拡張1

イーオンズエンド独立拡張「War Eternal」

↓正直面白すぎる2020年屈指の大当たり作

アークライト イーオンズ・エンド 完全日本語版

イーオンズエンド独立拡張 ウォーエターナル カードレビュー「宝石」2コスト

遺物2コストは1枚だけ。買いやすいが買い過ぎ厳禁。

メイジトーテム(Mage’s Totem)
・種類:遺物
・効果:このターンにプレイした宝石か遺物を1枚破壊する。もしくはこれを破壊し、グレイブホールド+1HP

圧縮用の遺物。安いが圧縮効果は安いなり。スパークは圧縮できないが、クリスタルを圧縮できるだけでやはり便利。

1枚位買っておいて回していくのは普通に良い。遺物圧縮をしたいケースがわからないが、使うことあるのだろうか?使い終わったらグレイブホールドの体力回復用として破棄可能なのは良い。

個人的評価:☆☆

イーオンズエンド独立拡張 ウォーエターナル カードレビュー「遺物」3コスト

秘密の巻物(Conclave Scroll)
・種類:遺物
・効果:1チャージを得る。このカードサプライが空なら好きな仲間1人の捨て札のトップを破壊しても良い。

使い方が非常に難しい。ただの1チャージでは3コスト遺物としては弱すぎる。2コスト2エーテルの翡翠買っておけってなる。

サプライが空になると一気に能力が強化されるが、そのためにはこの遺物を5枚買わなければならない。相当集中して投資しないと厳しい。ゲーム開始時はこれを枯らして・・・とか作戦を立てるのだがいざ始まってみると、1,2枚買うのが関の山で、むしろお邪魔カード化する。

少人数プレイだと、これを序盤に枯らすのはかなり厳しいが、多人数プレイだと全プレイヤー1枚ずつ買って、全員で圧縮していくというのが良いのだろうか。要検証なカード。

個人的評価:☆☆☆☆

悪魔封印ビン(Fiend Catcher)
・種類:遺物
・効果:あなたの手札か捨て札のカード1枚を破壊しても良い。ターン順デッキトップをめくり、ネメシスならデッキの一番下に置いても良い。

手札だけではなく捨て札のカード圧縮できるのは良いが圧縮率が低い。また、自破壊が出来ない遺物なので、最終的には手札を1枚圧迫することになりお邪魔カードになる可能性も高い。

サブ効果としてネメシスの行動を遅らせることが可能だが、この効果も特筆すべき感じではなく、場合によりけりで役立つという感じ。圧縮カードが無ければ1枚はデッキに仕込んでおくのが良い感じだろうか。

個人的評価:★★☆☆

イーオンズエンド独立拡張 ウォーエターナル カードレビュー「遺物」4コスト

4コストらしい中々の効果の遺物が増えてくる。

ケルンの羅針盤(Cairn Compass)
・種類:遺物
・効果:任意の仲間1人は捨て札の呪文1枚を、開閉状態にかかわらず破孔にセットしても良い。

呪文を即座に再セット可能にする遺物。

捨て札に呪文が無ければ空かすことを考えると少人数プレイだと厳しそう。また折角なら強力な魔法をセットしたいがタイミングよく使うにはかなり練った仕込みが必要。更に仲間の破孔も全て埋まっていたらその人には使えない。

などと欠点の方が目立つ気がしますね。上手くハマれば便利なのだろうが全然安定しないイメージ。もしスカシた場合は、大人しく手札キープしておいて次のターンに回すのが普通に良い。

比較的即座に呪文を発動できる少人数プレイより、呪文発動まで長い多人数プレイの方が効果的だと思われる。

個人的評価:☆☆☆

元始の呪物(Primordial Fetish)
・種類:遺物
・効果:任意のプレイヤーの破孔1を強化する。もしくはこれを破壊してHP3回復。

自分だけではなく任意のプレイヤーの破孔強化は中々便利。使い方としてはアタックプレイヤーのコストが非常に大きい4番破孔を狙って強化すると良い。3番破孔に使いたくなるが3番は何だかんだで開放までもっていきやすい。

更にこのゲームで貴重な回復にも使える。この拡張は基本セットに増して体力回復手段が少ないため、このカードの存在はかなり重要。中盤以降でヤバくなってきたらガンガン買われるカードという感じ。

個人的評価:★★★★★

イーオンズエンド独立拡張 ウォーエターナル カードレビュー「遺物」6コスト

渦動の小手(Vortex Gauntlet)
・種類:遺物
・効果:任意のプレイヤーのセットされた呪文をキャストする。そのカードをそのプレイヤーの手札に戻す。

流石6コストという感じの強烈な遺物。

セットされている呪文を唱えるだけではなく、更に手札にも戻すことが出来る。このカードの真骨頂は自分のセットしたばかりの呪文を唱えて、更にそれを再セットできるという点。即詠唱という強力な効果を発動出来るばかりか、次のターンも呪文セット出来て楽しみになる。

仲間プレイヤーの呪文に使ってしまうと、確かにネメシスターンになる前に呪文を発動できる点は良いのだが、そのプレイヤーのターンになったら唱えられていたはずの呪文が無くなってしまうことになり、若干価値が下がるため注意。

個人的評価:★★★★★

あとがき

以上、イーオンズエンド独立拡張「War Eternal」の「遺物」カードのレビューでした。遺物カードはなくても戦えますが、使うと面白いし色々便利に立ち回れる。そんなカードが多いですね。

次回は「呪文」カードをレビューします。

https://bodolog.com/category/boardgame/aeons-end/

↓早くも発売が楽しみすぎるイーオンズエンドの大拡張1

イーオンズエンド独立拡張「War Eternal」

↓正直面白すぎる2020年屈指の大当たり作

アークライト イーオンズ・エンド 完全日本語版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)