>> おすすめボードゲームはこちら

『ファミリービジネス』ボードゲームのルール紹介とレビュー

今回はホビージャパンさんより2022年1月に発売が予定されているボードゲーム『ファミリービジネス』のゲーム内容を紹介していきます。

キッズにファミリーに。家族向けなボードゲームタイトルが続くと見せかけて、このゲームは家族向けという意味かというと、実はそうではありません(笑)。

ということで『ファミリービジネス』がどういうボードゲームなのか紹介していこうと思います。。

『ファミリービジネス』基本情報

デザインSystem:
  David B. Bromley
 Giung Kim
Art:
 Klemens Franz
プレイ時間約30分
プレイ人数3-6人
対象年齢8歳以上
版元Lookout Games
販売ホビージャパン
発売日2022年1月
希望
小売価格
2,640円(税込)

『ファミリービジネス』ボードゲーム概要

ファミリーに勝るものはない。

もちろん、おまえ自身のファミリーだ。だから、もしもよそ者のギャングがおまえの縄張りを狙おうとしたら、当然、敵を皆殺しにするためにファミリーの全員が力を貸すだろう。それが“ファミリービジネス”ってもんだ。

ゲームの最後に、自分のギャングが残っているファミリーが勝者となる。

引用:ホビージャパン

ファミリービジネスは、ギャングのファミリーをテーマに敵対組織を叩き潰すボードゲームです。ファミリーはファミリーでも家族団らんという感じではなく、マフィアのファミリーですね(笑)

1982年に発売された「ファミリービジネス」という同名のボードゲームを現代風にアレンジしたリメイク作品になっています。何度かリメイクされているかなり歴史あるボードゲームになっています。

『ファミリービジネス』ルール概要

ファミリービジネスのルール紹介です。

ギャング選択

各プレイヤーは1色すべてのギャングカードを受け取ります。

1色9枚で6人までプレイ可能で、54枚のギャングカードが入っています。

アクションカードを配る

56枚のアクションカードを全てシャッフルして5枚ずつ各プレイヤーに配ります

プレイの流れ

手番プレイヤーは山札からアクションカードを1枚ドローして、それからカードを手札から1枚プレイして自分の場に配置します。以上です。

非常に簡単ですね。ラブレターを思わせるシンプルさ。

使いたくないカードは効果なしで破棄して捨て札にすることもできます。

アクションカードにはカウンターカードが入っており、他のプレイヤーのターンでも使用可能になります。

ギャング抗争勃発

特定の条件を満たすと抗争が勃発します。抗争カードがプレイされたり、抗争用の処刑エリアにギャングが一定数以上いたり、5種類のトリガーで抗争が勃発します。

抗争が始まると、各プレイヤーが持つ9人のギャングは条件によってどんどん倒れていきます。

全てのギャングカードが排除されたプレイヤーは脱落します。

何度かの抗争の後に、最後までギャングが残っていたプレイヤーの勝ちです。

アクションカード例

手札から使用可能なアクションカードの例をいくつか紹介します。

3種類のカードが登場します。

攻撃カード

相手に攻撃するタイプのカードです。

  • 契約:他プレイヤーのギャングカード1枚を処刑エリアに配置
  • 2重契約:契約の効果を2回使用します。
  • ヒット:処刑エリアにギャングを1人追加する代わりに、他プレイヤーの処刑エリアのギャング1体を即時排除します
  • 待ち伏せ:抗争が終わるまで処刑エリアのギャング2体が毎ターン排除されます

救助カード

自分のカードを救うためのカードです。

  • 警察の保護:処刑エリアからギャング1体を手元に戻します
  • 陰謀:処刑エリアの並び順を変更します

カウンターカード

他プレイヤーのカードに対してカウンターするタイプのカードです。

  • 指をさす:「一目散に逃げだす」カードの効果を無効化します
  • ファミリーの影響:「契約」系カードを無効化します。

ファミリービジネス新盤の特徴

何度かリメイクされている作品ですが、本作は「能力カード10枚」入っているのが特徴のようです。

特殊な能力を持っているギャングがいるのか、元のゲームにどういうテイストが加わるのでしょうか。

『ファミリービジネス』内容物

  • アクションカード56枚
  • ギャング・カード54枚
  • 能力カード10枚
  • ルールブック1冊

『ファミリービジネス』の所感とあとがき

以上、ボードゲーム 『ファミリービジネス』 のゲーム紹介でした。

シンプルでワイワイ楽しめるタイプの良ゲームな感じがプンプンしますね。これは面白そうだ。

1982年実に40年近く前に世に出たゲームということで非常に凄いものです。40周年記念なのかわかりませんが40周年記念版何て出せるボードゲームは世の中にそんなにないですよ。

昔から何度かリメイクされているようなので、かなり人気のある面白いボードゲームということでしょう。

みんなでワイワイして盛り上がる系のゲームなので、多人数で遊んだほうが絶対に楽しいでしょうね。

プレイのフレイバーとしてはギャングが撃ち合うとか処刑などのワードが出てくるテーマのゲームなので、プレイする面子は多少は選んだほうが良いかもしれません(笑)。

今でも色あせない面白さがある伝説のゲームなのでしょうか。発売されたら是非プレイしてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)