スピリットアイランド精霊紹介「炎の精霊」

スピリットアイランド炎の精霊のレビュー記事です。

今回はスピリットアイランド基本セットのプロモ精霊の1つ「炎の精霊(Heart of the Wildfire)」をレビューをしていきたいと思います。

圧倒的な超火力で敵は勿論のこと、味方も島も全てを焼き尽くす最強の攻撃精霊。

難易度は上級です。

炎の精霊 概要

基本セットの上級精霊と同じくらい難しい「炎の精霊」。私のブログでは文字数制限から「火霊」と呼んでいきます。

基本セットをプレイした方ならわかると思いますが、精霊の違いがこのゲームの大きな楽しさの1つです。このプロモ精霊だけでも小拡張として十分価値があるので、エンゲームズさんには日本語化をぜひ頑張ってほしいところです。

炎の精霊 能力値

精霊ボードの裏側に書かれている参考能力値は以下の通り。あの裏面の能力値は結構アバウトな長さになっているのであくまでも私の目視による参考値です。

  • 攻撃:10
  • 制御:4
  • 恐怖:5
  • 防御:0
  • 補助:2

雷鳥のように「攻撃」超特化の精霊ですが、攻撃のタイプが異なります。破壊するのではなく直接大ダメージを与えていくタイプです。成長する毎に徐々にその火力が増していき、一定ラインを超えると敵は勿論のことスピリットアイランドの土地も凄い勢いで荒廃し始めます。

その一方で荒廃を除去する能力も持っており、火力を出しては荒廃を除いて、という波があるツンデレ精霊です。

炎の精霊 成長の特徴

成長は3択です。

保持している炎エレメント数に応じて得られる精霊力が増す成長を持っています。炎のエレメント特化の精霊のため、この精霊力獲得は結構便利。

炎の精霊 精霊力と使用カード枚数

特徴として精霊力も使用カード枚数も成長させると「炎のエレメント」が大量に得られるようになっています

火霊はこの炎エレメントに応じて火力が増していくため、この炎のエレメントの調整は非常に重要になります。特に炎のエレメントが2つ以上解放されると、自分の土地まで焼き始めるので、開放のタイミングは考えなければなりません。

精霊力強化は弱めですが、成長で大量に精霊力を得ることが出来ますし、カード使用枚数強化も伸びは悪くありません。

初期配置住居が3つなので、精霊ボード上の住居はコンパクトにまとまっています。

炎の精霊 固有ルールと先天能力

固有ルール:「燃え盛る住居(Blazing Presence)」
効果:セットアップ以降であなたの住居を配置・移動した場合、精霊ボード上の「炎エレメント」1つにつき1ダメージ。2以上のエレメントがあるなら荒廃1。全獣トークンと任意のダハンを押し出す。する。

凄まじい固有ルールで、この火霊最大の特徴です。

成長で住居を置いた土地に対していきなりダメージを与える能力です。

成長で住居1を置くだけで何と1ダメージを与えられます。これで遠征したばかりの遠征隊コマは即死します。更に成長してエレメントが開放されて火力が上げると2ダメージになり、これまた住居を置くだけで町をあっさり破壊出来るようになります。

しかし火力を上げ過ぎて2ダメージ以上になった場合、その土地が荒廃してしまいます。最初は良いのですが同じ土地に2つ目の住居を置こうとした場合、荒廃しているため、荒廃の拡散が起きてしまいます。。。

この荒廃は当然拡散もするので、荒廃する土地に更に住居を置こうとすると大分危うい感じになります。

火霊は成長でボード上から最大で炎エレメント4まで得ることが出来るため、住居を置くだけで4ダメージ、都市もあっさり破壊することが出来ます。流石に強い。

獣トークンは拡張1で登場する追加要素なので無視してOKです。島の獣が侵略者をランダムに襲うルールが追加されます。

固有ルール:「破壊的自然(Destructive Nature)」
効果:精霊の効果で破壊されるはずのあなたの住居は破壊されない。

土地を荒廃させやすい精霊ですが、自分自身の土地は基本的にその能力では破壊されません。ポイントは自分自身という点。他の精霊の住居はガンガン破壊されると言うことです(笑)

他の精霊に嫌われている設定なのはこのせいです。

先天能力:「炎の嵐(FireStorm)」
効果:エレメント数に応じて、ダメージ・強化ダメージ・拡散・全破壊。

火霊の強烈な先天能力です。

射程は0かつターゲットは荒廃している土地と限定的なのですが、炎エレメント数に応じて大ダメージを与えられます。

エレメント数に応じて簡単に2,3ダメージが出るので、町は勿論のこと都市も簡単に破壊できます。手札を使用すれば簡単に4ダメージ以上も叩き出す凶悪な効果です。火霊はこの能力と「燃え盛る住居」の2つの力で、高速に敵の住居や遠征隊を破壊することが出来ます。

更に強化するとダメージを拡散することも出来るようになります。ただ、そこまでしなくても大体破壊しつくしていると思うので、出番はあまりありません。

MAX強化バージョンは何と対象の土地の全ての侵略者を破壊可能になります。炎エレメント7は普通にプレイしていると獲得可能な量で、それなりに発動機会はあると思います。しかしその反動で土地が荒廃していまいます。炎エレメント7以上を獲得してしまうと、この効果が強制的に発動するため、火力が欲しくてもある程度は抑えめにしておかなければなりません。

射程0の荒廃している土地という制約があるため、住居配置で突っ込んで行かなければならない点も注意ポイントです。

先天能力:「燃えた土地の再成長(The Burned Land Regrows)」
効果:エレメント数に応じて、条件付き荒廃除去1、代わりに荒廃除去1、更に荒廃除去1。

まさかのツンデレスキルです。

何とこの精霊はガンガン土地を荒廃させる一方で、荒廃を修復する能力も持っています。火力を出し過ぎてしまった後はこの能力で修復していきましょう。

火霊は何も考えずにカードプレイするだけでもの凄い勢いで土地が荒廃していくため、荒廃トークンが置けなくなって自分自身の能力で詰む可能性があります。なので定期的にこの能力で荒廃を除去していく必要があります。

炎の精霊 固有能力カード

わかりやすく攻撃的な固有カードが目白押しです。

引用はこちら

固有カード:閃光の火(Flash-Fires)
効果:1恐怖1ダメージ。強化すると「高速化」。

1ダメージで遠征隊を破壊という非常にわかりやすく強い能力。コストが2とやや高いのと遅い効果というのが若干難しいが、ガンガン使っていきたいところ。

風エレメントとはそこまで相性が良くないので「高速化」は簡単には出来ないようになっている。

雷鳥の「農場の粉砕」の劣化版じゃね?って思ってしまいますが、あちらは聖域からの発動が必要なのと遠征隊は倒せないのが違いです。

固有カード:窒息する煙(Asphyxiating Smoke)
効果:1恐怖。町1破壊。ダハン1押し出し。

聖域からしか発動できませんが、町を破壊可能。しかも射程2と使い勝手抜群。こちらもガンガン使っていきたい強力な能力ですね。

ダハン押し出しは恐らく強制なので注意。

固有カード:恐怖を与える炎(Threatening Flames)
効果:2恐怖。恐怖レベル分だけの遠征隊か町をあなたの住居が無い土地に押し出す。そういう土地が無い場合は+2恐怖。

侵略者を炎で逃げまどわせるスキル。逃げ場が無い場合は更に恐怖が溜まる。

早い効果なので上手く使えば建築や略奪を防ぐことが可能。

しかし移動先に住居が無いということは、先天能力「炎の嵐」による攻撃が出来ないということなので、ややこの制御はイマイチだったりします。純粋に恐怖を溜めるためのカードと言う感じですね。

固有カード:炎の怒り(Flame’s Fury)
効果:対象の精霊は精霊力1を得る。対象の精霊はこのターンの各能力のダメージで+1ダメージを与える。

火力を増すための補助能力。

自分に使うと「閃光の火」の威力が2になって町まで破壊が可能になる。自分で使っても普通に便利ですが、ダメージ能力カードを多く持っているプレイヤーに使ってあげると良いですね。

炎の精霊 簡単な攻略とコツ

火力を出し始めるポイントが重要

「精霊力」と「カード枚数」を各1回ずつ成長させるだけで、炎エレメントが2つ公開され、火力が暴走して土地の荒廃が始まります。

固有能力カードが強いため、ある程度炎エレメントの火力を抑えめにしても立ち回れます。もしくは割り切って2ターン目に炎エレメント2つ開放して、町を焼き尽くしていくかですね。

基本的には住居配置で相手の出鼻を潰す動きが強いです。遠征隊は勿論のこと、町や都市も簡単に破壊されていきます。これは毎ターン狙っていった方が良いですね。

それに加えて固有カードや固有能力は攻撃力モリモリなので、使えばかなり簡単に敵を破壊していけます。

ちょっとした注意点として先天能力「炎の嵐」は射程0で荒廃した土地が条件なので、積極的に敵のいる土地に突っ込んで行かなければいけないという点です。他の精霊は侵略地以外の土地に拡大して、隣接力から攻撃を狙うことが多いと思いますが、この精霊は逆で大きく侵略されている土地には突っ込んで行く必要があります。

また「炎の嵐」も火力を上げ過ぎて炎エレメント7個以上解放すると、MAXパワーが発動してその土地が荒廃します。能力のターゲットは荒廃している土地なので、MAXパワーが発動してしまうと必ず荒廃連鎖が起きてしまいます。

火力の上げ過ぎは注意ということですね。

最大の注意点は際限なく荒廃させていくと、荒廃によるゲームオーバーがすぐにやってくる点です。自分の能力で荒廃させ、更に拡散してしまうと一気に荒廃マーカーが無くなってしまいます。そのため、定期的に意識して荒廃マーカーを取り除いていくことは重要です。

荒廃マーカー置けない!っていう状況にさえならなければ、侵略者の対処はかなりやりやすい精霊でしょう。

破壊以外で恐怖を溜める手段に乏しく、更に遠征隊への対処が容易で町や都市が建ちづらいため、意外と恐怖値は貯まりづらいかもしれません。そのため、得意の炎で焼き尽くしてかなり島がすっきりした状態でも、勝利条件を満たせていない状況が続くことも多いです。

敢えて恐怖を溜めるために建築させるというプレイも必要になってくるかもしれません。

闇の精霊 レビュー

  • 強さ:★★★
  • 好み:★★★★★

兎に角火力が最高最強の攻撃精霊

上級精霊で中々能力が変わっており文字数も多いのですが、扱いこなせないレベルではなく十分楽しくプレイ可能な精霊です。他の精霊が全く手出しできないような序盤も序盤からガンガン敵を破壊していけるそのプレイスタイルは非常に爽快です。

制約がついた能力も多いのと、自ら土地を荒廃しまくるのが危うく、注意しながらプレイしないと、圧倒的火力で勝っていると思いきや実は敗北寸前でした、ということになりかねない点が悩ましく難しいですね。

住居を置くだけで町破壊!→住居を置くだけで都市破壊!→能力で侵略者破壊!→強い!圧勝!、って思っていたら気づいたら島中が荒廃しており、次に住居を置いたら荒廃連鎖で敗北確定。でも住居を置かないと敵の略奪で荒廃で敗北確定。。。\(^o^)/オワタ

ってことにならないようにしましょう(経験談)。

複数精霊プレイでこの精霊を使った経験があまり多くないので何とも言い難いですが。荒廃をばら撒きまくってしまうため、他の精霊との相性は悪い方でしょう。ただ、複数人プレイだと島の防御力が上がるので、持て余し気味な圧倒的火力を他の土地に向けられると考えれば悪くない気もします。


以上、炎の精霊である火霊の紹介でした。

スピリットアイランドはこういうプロモ精霊だけでも欲しくなること間違いなしな超面白いボードゲームです。

このプロモ精霊はスピリットアイランド基本的セットのキックスターターの特典なので今のところ日本語版は無く、海外のサイトから入手するしかありませんがそちらでも品切れ中です。日本語化してほしいものですがどうなるやら。

次回で遂にスピリットアイランドのオマケパートも最後。基本セットのプロモ精霊の2つ目を紹介していきます。

▼スピリットアイランドのゲーム内容とルール紹介はこちら

▼スピリットアイランドのFAQ関連の情報まとめはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)