>> おすすめボードゲームはこちら

Horizons of the Spirit Islandの全精霊の紹介とレビュー

今回の記事は2022年10月に海外で発売が予定されいるスピリットアイランドシリーズ最新作「Horizons of the Spirit Island」に登場する全精霊を紹介していきます。

Horizons of the Spirit Island概要

「Horizons of the Spirit Island」は、大人気協力型ボードゲーム「スピリットアイランド」シリーズの最新作です。

基本セット不要の独立拡張になっており、初心者でも遊びやすいように工夫が凝らされた仕組みが入っています。

主な特徴は以下になります。

  • 重量級のスピリットアイランドを遊びやすくすることに主眼が置かれた入門セット
  • 新しい精霊5体
  • コンポーネント類が遊びやすく簡素化
  • パワーカードは基本セットから厳選されたものが採用(新規追加無し)
  • ボードは組み立て式ではなく固定マップに
  • プレイ人数は3人までに
  • ゲーム開始時のチュートリアル付き

まあ、エンゲームズさんから出ているスピリットアイランド日本語版の基本セットを遊んでいる方であれば、正直遊びやすさはあまり重要ではない気がします。

スピリットアイランドは、重量級の中では元々かなりセットアップも楽ですし、わかりやすい部類のゲームだと思っています。慣れれば5分かからずセットアップが完了します。

ということで、このセットは遊びやすさではなく、私個人的には新精霊が兎に角気になっていました。

この5体の新精霊を実際に使って遊んでみましたので、今回はそのレビューになります。

拡張1で入るイベントや各種トークン類は入った状態で、更に荒廃カードは未使用でプレイしています。

Devouring Teeth Lurk Underfoot

むさぼり食う歯は地面に潜む

地面の中に潜むワニのような蛇のような精霊です。

ダメージを与える系の攻撃能力と恐怖に特化した精霊

何と「能力で与えるダメージが常時+1」というかなり強気のパッシブ能力を持っています。

他にも固有能力や固有パワーカードも、兎に角ダメージを与えるものが多く、手持ちの能力だけで、かなりスムーズに都市を含む侵略者を壊滅させることが出来ます。

じゃあそれ以外はおざなりなのか?と思いきや、カードの効果で恐怖はガンガン与えられますし、何と防御9という岩男も真っ青な防御能力を持っています。

ダハンや敵の制御能力もそれなりにあり死角なし。

ということで、確かにわかりやすい精霊ですが、シンプルに高攻撃力で強く、普通に強く戦える性能を持っている強精霊でした。

お気に入り度:★★★★☆

Eyes Watch From the Trees

木から見守る目

木から目が生えている独特な雰囲気を持つ精霊。

防御と恐怖に特化した精霊

固有能力を使用するとシンプルに防御と恐怖を与えることが出来て、更に土地に防御を与えるとダハンを収集することが出来ます。

ダハンを集めて土地防御は、スピリットアイランドにおける基本的な戦法の1つですが、この精霊はそれを1能力で完結させて実行することが出来ます。

恐怖もガンガン溜まっていくので、防御の精霊ながら結構あっさり勝ててしまう印象でした。

基本セットの岩男は防御は強くても、恐怖が全然溜まらなかったり、ダハン制御に時間がかかったりしましたが、この精霊は適当に使っているだけで恐怖がガンガン溜まりますし、ダハンも簡単に制御可能です。

ダメージはダハン頼みですが、基本的には初期カードだけで普通に対処できる高性能の精霊かと思います。

お気に入り度:★★★★☆

Rising Heat of Stone and Sand

岩と砂の立ち上る熱気

神々しさとマグマのような見た目を併せ持つトカゲのような精霊。ヒトカゲ。

ワニの精霊よりも、更に攻撃力に特化した精霊

何と「自身の聖域にいる侵略者のHPを1減らす」能力を持っています。

更に住居を2連続で置ける成長を持っており、これで対象の土地を聖域化したらかなり強いぞ!

と思いきや、この住居2連続配置の成長は、精霊の名前の通りの「山」「砂漠」にしか配置できません。

そのため、「山」と「砂漠」にいる都市と街は弱体化するので、「山」と「砂漠」にはめっぽう強いのですが、それ以外の「湿地」や「森」の土地に同じことをやろうとすると苦労します。

防御は、何とアクションスキップ系のカードを持っているため、それなりにノーダメージで耐えることも可能。

ただ、恐怖も控えめで、思ったより苦労する精霊でした。

おきにいり度:★★★☆☆

Fathomless Mud of the Swamp

沼地の底なしの泥

泥と熊?がコラボした精霊。なんだこれ。。。良く見たら熊じゃない気もしてきました。

バランスの良い精霊

固有能力は「自身の聖域への建築アクションは街ではなく探索者になる」という中々凄い能力を持っています。

聖域に対しては、いつまでたっても街も都市も建たないことになります。

それ以外にも多様な能力を持っているのですが、固有能力が優秀のため、逆に他の能力が使いづらくなっているのか、このセットの中では比較的扱いづらい精霊の印象です。

攻撃・防御・恐怖・補助、何れの能力もバランスよくあるのですが、何れも中途半端で少し足りてない感じがします。

固有能力を上手く生かさないと、器用貧乏でイマイチな精霊という印象です

おきにいり度:★★☆☆☆

Sun-Bright Whirlwind

太陽輝くつむじ風

猫と風が合わさった雰囲気の精霊

制御と補助特化の精霊です。

何と「住居配置時に風で探索者かダハンを吹き飛ばす」能力を持っており、これを使うことで住居配置するだけでガンガン建築妨害していくことが出来ます。

基本セットのプロモ精霊である「炎」の精霊と似たような能力ですね。

制御は強いのですが、大ダメージを出せるようになるのは後半になってからなので、この制御能力を駆使して、耐えて耐えて後半から火力を出していくタイプですね。

制御は結局先延ばし効果でしかなく、全体的に攻撃力は低めなので、何かしら破壊系カードを獲得してこないと、最終的には厳しくなると思います。試しプレイ中に、5つの精霊で侵略フェイズ3まで突入したのはこの精霊だけでした。

固有カードの内2枚が補助カードってかなりきついですね。しかも自身に使うと効果が弱くなるタイプのカード(笑)。1人プレイ時の縛りがキツイ。なんでやねん。

ユニークな能力が多く、基本セットの川の精霊より使ってて面白い精霊でしたが、慣れるまでは中々使いづらい印象を受けるかもしれませんね。

お気に入り度:★★★★☆

Horizons of Spirit Islandの精霊紹介のあとがき

以上、スピリットアイランドの最新拡張「Horizons of Spirit Island」の紹介でした。

初心者向けというだけあって、かなりシンプルな能力を持った精霊ばかりだったと思います。どれも使っていて面白い精霊でした。

ただ、流石に能力のシンプルさという意味では、一番初めに出た基本セットの4精霊の方が上かなという感じがしますね。

発売が楽しみですね。実際に入手してみたら更に遊びこんでみたいと思います。

画像引用: BGG

Horizons of Spirit Island関連記事

スピリットアイランドのルール紹介とレビュー記事になります。『スピリットアイランド』協力型ボードゲームの最高峰! ルール紹介とレビュー スピリットアイランド Jagged Earth 全精霊の紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)