スピリットアイランドのルール疑問点や注意点まとめ FAQ

スピリットアイランドの疑問点FAQのまとめ記事です。

今回は遂に日本語版が発売された、個人的超おすすめボードゲーム「スピリットアイランド」のルールの疑問点や注意点をまとめていきたいと思います。

スピリットアイランドはカードベースのゲームなので、処理の解決に関してはそれなりに疑問点は出やすいかもしれません。

スピリットアイランドのルール疑問点まとめとFAQ

スピリットアイランドのルール疑問点やFAQをまとめていきます。

最初に書いておきますと、私も正しいと思ってプレイしているつもりでも、ある時に間違ってプレイしていたことに気づくことが何度もありました。

このFAQは、過去私が遭遇したスピリットアイランドの気になりポイントを思うが儘に書いています。

ただ、私もいまだに間違ってプレイしている可能性もあるので、その点はご了承下さい。もし、間違いあればご指摘いただけると助かります。

エレメントは消費されない

説明書に書いてありますが、エレメントは能力の使用条件になるだけであり、とある能力でエレメントを使用したからと言って、消費されて他の能力で使えなくなるものではありません。

固有能力は複数の土地をターゲットにできない

これは結構間違いがちなルールかと思います。

基本的に精霊の固有能力は単一の土地をターゲットにします。

例えば「雷鳥」のMAX固有能力「都市か町を3つまで破壊する」は、1つの土地をターゲットにします。これを、複数の土地にある複数の都市と町に分散することはできません。

それぞれの固有能力を1枚の能力カードだとみなしてプレイするようなイメージです。能力カードは基本的には単一の土地しかターゲットにできません。

森の精霊の固有能力は複数の土地をターゲットにできる

能力の書き方の問題ですが「森の精霊」の固有能力は「1ダメージを与える」ですが、この能力がエレメントが増えて強化されると「この能力を繰り返す」という表現になっています。

何故あえてこのような書き方になっているかというと「この固有能力を再度発動させる=別の能力として別の土地をターゲットにできる」ためです。

わかりづらいですが、違いがあるので注意しましょう。

固有能力は上から順番に解決する

強化されると固有能力に様々な効果が増える精霊が多いですが、これらの能力は上から順番に全てを解決していく必要があります。

いきなり3つ目の効果から発動させたりは出来ません。

複数の固有能力はどちらから発動させても良い

初心者向き精霊以外の4体は全て、固有能力は2種類持っています。これらはどちらから使用しても問題ありません。

ただし、先ほど書いた通り、一度発動させたらその能力を最後まで使い切る必要があります。左の固有能力のこれを使った後に、右の固有能力のこれを使って、再度左の固有能力のこれを使って、、みたいな中途半端に固有能力の効果を使うのはNGです。

エレメントは実際に生み出したエレメントより少なく適用できる

エレメントにより固有能力が純粋に強化されるのであれば問題ないのですが、エレメントが増えると性質が変わる系の固有能力の場合、あえて強化しないで発動させたいということがあります。

例えば「川の精霊」は「押し出し」の能力が強化されると「ダメージ」に変化します。基本的にはダメージの方が良いと思いますが、何らかの理由で「押し出し」能力を選択したい場合、実際に生み出したエレメント数を少ないように適用して「強化しない」ように適用することが出来ます。

エレメントで強化された固有能力は強制的に発動する

エレメントで能力を強化した場合、エレメントで強化されて「解放された全ての効果」が強制的に発動します。「XXしてもよい」という表現になっていない系の強化能力は「強制的に強化」され発動します。

基本的に固有能力が強化されるので、強化された方が良いケースの方が圧倒的に多いのですが、稀に強化すると性質が変わったり、自分にデメリットを与えるケースもあるため、強化しない方が良い場合もあります。

「影の精霊」は固有能力で開放される能力の性質が異なりますが、3つ目まで強化して3つ目の効果だけを適用するということはできず、1つ目と2つ目の能力も発動させなければなりません。

また基本セット外の話ですが、固有能力で「炎」エレメント数に応じて「攻撃力が増す」という能力を持ちつつ、「炎」エレメントを増やしまくると「大ダメージを与えるが土地が荒廃する」という能力が発動する精霊もいます。

炎エレメントを増やして攻撃力を増やしたいが、エレメント数を増やすと追加能力が発動してしまう。土地を荒廃させたくない場合は、その能力が開放されないような数までのエレメントを使用しなければならないということになります。

敵のダメージはダハンと土地の両方に与える

敵の攻撃力が合計4だった場合、その土地のダハンと、その土地自身に4点のダメージを与えてきます。

説明書に書いてある通常ルールですが、最初にプレイしようとすると混乱しがちなので書いておきます。

防御はダハンと土地の両方に効果がある

防御能力は攻撃と同様にダハンと土地の両方に効果があります。

防御4ならダハンと土地へのダメージをそれぞれ4点防いでくれます。

能力カードの中にはダハンにのみ防御効果があるカードなどもあります。

押し出しと引き寄せは隣接土地にのみ影響を与える

押し出しは、能力のターゲットとした土地から、隣接土地に移動させる能力です。

引き寄せは、能力の隣接土地から、能力のターゲットとした土地に移動させる能力です。

隣接土地以外にいるコマをターゲットの土地に引き寄せるような使い方は間違っています。

能力カードの速度変化効果はカード使用時に決める

「雷鳥」や「サンダースピーカー」などは能力の速度を「遅い」から「早い」に強化する能力を持っています。これは精霊フェイズの能力を使用すると決めたタイミングで速度を決める必要があります。

やっぱり遅いタイミングで発動させよう、みたいなプレイはNGです。

大体のケースでカード使用時にどちらの速度が良いか選択ができると思いますが、恐怖カードの効果などで盤面が変わってしまうと計画が狂って「やっぱり遅い効果にしよう」ってなるかもしれません。

仲間の精霊をターゲットにする効果は自分をターゲットにできない

仲間の精霊をターゲットにする能力カードは沢山ありますが、これを自分の精霊に適用することはできません。

1精霊プレイ時だけ例外で自分の精霊をターゲットにすることが出来ます。

「繰り返し」の効果は精霊力を消費する

「岩の精霊」の固有能力などは能力を再度繰り返すことが出来ます。しかし繰り返した分だけ精霊力を消費します。

そのため「繰り返し」効果で高コストカードを再度発動させるのは中々難しく低コストカードばかり繰り返してる気がします。

何とこれは嘘っぱちでした。

うーん。何をもって繰り返し時に精霊力を消費すると勘違いして記憶していたのか忘れましたが。。。説明書に1ミリくらい書かれていたはずだと思い、見返してみましたが残念ながら1ミリも書かれていませんでした。

岩男さんの固有能力弱いなぁと思っていましたが、繰り返すのにコストなしとなると大分評価変わってきそうですね。

ということでここはその内削除します。

「繰り返し」の効果はエレメントを生み出さない

残念ながら、繰り返し能力で合計2回使用したのでエレメント2倍!ということにはなりません。

「荒廃」が拡散した土地に置かれる荒廃マーカーは1つだけ

既に荒廃した土地に荒廃マーカーが再度置かれる場合、その土地に荒廃マーカーが1つ置かれますが、その周囲の土地にも荒廃が拡散します。その拡散で周囲の土地に置かれる荒廃マーカーは1つだけです。自分で選択した周囲の土地1つに荒廃マーカーを置きます。

パンデミックのアウトブレークだと周囲の都市全てにウィルスが拡散するので、それをイメージして処理してしまうと大量の荒廃マーカーが置かれることになりますが、そんなルールは無いので注意が必要です。

荒廃が拡散した土地にも元々荒廃マーカーが置かれていた場合も、当然その先で拡散が発生していきます。

「荒廃」した土地にある住居は、各精霊の住居が1つずつ破壊される

荒廃した土地に住居コマがある場合、その土地に住居を持っている全精霊の住居コマが1つずつ破壊されます。

最初から置かれている「荒廃」マーカーを取り除く場合も、侵略ボードに戻ってきます

侵略ボード上には「荒廃」マーカーが初心者ルールで最初から5個置かれていますが、島ボード上にも1つ置かれています。この島ボード上に最初から置かれている荒廃マーカーが取り除かれたとしても侵略ボード上に戻ってきます。

ダハンや住居は破壊されると戻ってこない

スピリットアイランドに住むダハンは有限です。基本セットではダハンを増やす能力は2つしか存在しません。そのため基本的にはダハンは破壊された場合、島ボードには戻ってこないと考えた方がよいです。

同様に破壊された住居は基本的には島ボードに戻せません。精霊ボード上に戻ってきて再利用できるなんてこともありません。特定の精霊の能力や特定の能力カードの効果で戻すことは可能ですが、こちらも基本的には戻ってこないと考えた方が良いでしょう。

「遠征」で「遠征隊」が配置されるには条件がある

「遠征」の効果で「遠征隊」が置かれる場合、その土地の付近に「町」か「都市」もしくは「海岸」がある必要があります。それらが隣接していない土地への「遠征」時には「遠征隊」コマは配置されません。

序盤中盤は条件を満たせずほぼ間違いなく遠征隊コマが置かれますが、終盤になると内陸地で条件を満たす土地が発生することも出てきます。これを忘れると若干難易度が上がるため注意が必要です。

遠征隊は、海岸から上陸してくるか、町や都市を拠点として開拓してくるか、イメージはわかりやすいルールですね。

「侵略者」とは遠征隊・町・都市の全てを指す

用語の問題ですが、侵略者は敵コマ全てを指します。これを勘違いするとカードの効果などを間違えてしまうため注意が必要です。

「建築」は「侵略者」がいる土地で行われる。

「人間」コマ=「遠征隊」コマがある場所でしか建築されないと勘違いしがちですが、町や都市がある場所でも建築は行われます。

「取り除く」効果では恐怖値は得られない

主に不安カードの効果ですが「XXを取り除く」という効果があります。これは破壊すると違って恐怖値は得られません。

不安カードの大半の表記は「取り除く」となっているため注意が必要。これを間違えると難易度が若干下がります。

敵へのダメージは割り振り可能

例えば、10点のダメージを与えたなら、その土地のHP3の都市3つとHP1の遠征隊1つを同時に倒せます。

味方へのダメージは中途半端に割り振り不可

例えば、土地とダハンに5点ずつダメージを与えられた際に、ダハンが5体いてそれぞれに1点ずつダメージを割り振って全員生き残る、みたいなことはダメです。2点・2点・1点で割り振って、ダハン2体を破壊しないといけません。

「2体まで」は「0体」でもよい

このゲームには「XX体まで引き寄せる」といった効果のカードが沢山出てきます。MAXでXX体まで引き寄せられるということで、引き寄せる数は0体でも問題ありません。

特に「XX体まで引き寄せてからYYする」という能力カードもありますが、引き寄せるのは0体でYYの効果だけを享受したい、というケースも良くあります。

ちなみに英語原文では「up to XX」という表現になっています。「XX以下まで」ということですね。

ご質問頂いたので追記しました。

「自分の土地」の定義

「自分の土地」という表現がたまに出てくるのですが、これは自分の島ボードのことを指すわけではなく、自分の存在マーカーが置いて有る土地のことを指します。これは確か説明書に書いてあるはず。

これを勘違いすると、一部の不安カードや能力カードの対象が広がって強化されるため注意が必要です。

小能力「浄化の炎」の荒廃マーカー参照数

「荒廃マーカー1つにつき1ダメージ」という能力は、能力のターゲットにした土地にある荒廃マーカーのみを参照します。ボード上の全ての荒廃マーカーをさんしょうするわけではありません。

質問頂いたので追記しました。

生い茂った森の広がりの能力で、略奪をスキップした場合でもダハンは反撃するか?

生い茂った森の広がりは、聖域において住居を1つ破壊することで「建築」か「遠征」をスキップすることが可能です。

遠征をスキップした場合でもダハンは反撃してくれるのか?ということですが、これは反撃してくれません。

説明書のP9にも書かれていますが、相手の略奪が完全に行われなかった場合は、ダハンは反撃しないというルールです。

質問いただいたので追記しました。


スピリットアイランドの疑問点や注意点のまとめでした。

まだまだあったような気がしますが、思いついたのはこんなところです。他にも思いついたら色々追記したいと思います。

16 COMMENTS

ドンキ

スピリットアイランド買えました!!FAQ参考にさせていただきます!
精霊ごとの記事等出していただけたらぜひ読みます!!

返信する
TEENO

>ドンキさん
コメントありがとうございます。
おお、購入出来ましたか。
最初はルール間違ってプレイしがちですが、気にせずやりながら慣れていくのが良いと思います。
精霊の記事は何れ時間あれば書こうかと思います。

返信する
キューティーちゃん

はじまめまして。

イーオンズエンドを知ったのがTENNOさんの記事がきっかけです。
ありがとうございます。

この度、スピリットアイランドをプレイする中でわからなければこのサイトを拝見しているのですがもしご存知でしたら教えて頂ければとおまいます。

岩男の初期固有カードの大地の渓谷の解釈についてなのてすが、カードには
「遠征隊を2つまで集める。
ダハンを2つまで集める。」
と記載があります。

これは「遠征隊を0集める。ダハン2つ集める」や「遠征隊を2つ集める。ダハンを0集める」
という解釈もありなのでしょうか。

返信する
TEENO

>キューティーちゃんさん
コメントありがとうございます。
イーオンズエンド楽しいですよね。
楽しすぎて色々記事にしていますがお読みいただけて有難いです。

>これは「遠征隊を0集める。ダハン2つ集める」や「遠征隊を2つ集める。ダハンを0集める」
という解釈もありなのでしょうか。

はい。これはその解釈であっております。「2体まで」なので「0体」でも大丈夫です。
遠征隊の制御とダハンの制御、どちらかもしくは両方を適用可能な便利な能力ですね。
他にも「XX体まで」という効果をあえて「0体」として使用したくなる能力や状況はあるので、その場合自由に使い分けられます。

返信する
キューティーちゃん

早速のコメントありがとうございます。

イーオンズエンドの各キャラクターやスペル解説も非常に役立っております。次の日本語版拡張が待ち遠しいです。

質問の件、解説頂きありがとうございます。スッキリ致しました。

ありがとうございました。

返信する
TEENO

折角なのでFAQの記事リストに質問頂いた項目を追加させていただきました。
また何かありましたらお気軽にご質問ください。

返信する
AEG

TEENOさんの記事のおかげでスピリットアイランドの存在を知り、発売日に入手することができました。
今回の注意点のまとめ大変参考になりました。今まで半信半疑でプレイしていた点について、ほぼくまなく網羅してあり、大変スッキリしました!ありがとうございます。

「繰り返し」の効果は精霊力を消費する を誤解されていた原因ですが、おそらく大能力カード「力の嵐」ではないでしょうか?
「力の嵐」は雷鳥の能力進行カードに組み込まれているので、これをプレイした後だと岩男の先天能力の解釈に迷いそうです。(私もそうでしたw)

返信する
TEENO

>AEGさん
コメントありがとうございます。
スピリットアイランドは細かい処理で疑問に思うこと多いと思うので、FAQ記事が参考になったようで何よりです。
何かあればまた追記します。

>「力の嵐」は雷鳥の能力進行カードに組み込まれているので、これをプレイした後だと岩男の先天能力の解釈に迷いそうです。(私もそうでしたw)
これはそうかもしれませんね。
力の嵐でわざわざコストがかかると書いてあるのを、そのまま「繰り返し」時のルールとして頭に刷り込んでたのかもしれません。

返信する
へるべちか

TEENOさんのレビューを見てスピリットアイランドを知って、買うことができました!
ありがとうございます!

スピリットアイランドに関して一つ聞きたいことがあります。
小能力カードの「浄化の炎」に関してですが、
荒廃マーカーごとに1ダメージとはマップ全体の荒廃マーカーの数なのか、対象の土地のみの数なのかどちらなのでしょうか?

教えていただけると嬉しいです!

返信する
TEENO

>へるべちかさん
コメントありがとうございます。

スピリットアイランド参考になったようで良かったです。

>小能力カードの「浄化の炎」に関してですが、
>荒廃マーカーごとに1ダメージとはマップ全体の荒廃マーカーの数なのか、対象の土地のみの数なのかどちらなのでしょうか?

これは対象の土地ですね。
1つの土地に大量の荒廃マーカーが置かれることは稀なので、そこまで火力は出せないです。
マップ全体の数を数えるとなると、4人プレイなどだとすさまじい威力になってしまいます(笑)

返信する
へるべちか

教えていただきありがとうございます!
TEENOさんのおかげでもやもやが晴れました!

返信する
へるべちか

何度も質問してしまい申し訳ございません。
スピリットアイランドを楽しんでいたら新たな疑問が見つかり、
ネットで調べてもわからなかったため、質問させていただきます。

生い茂った緑の広がりの特殊ルールである、
聖域の存在を一つ破壊することで侵略者の略奪と建設を防ぐ能力に関してですが、
略奪を防いだ土地にダハンがいる場合は反撃をしてくれるのでしょうか?
それとも略奪という工程自体をスキップして反撃はしないのでしょうか?

教えていただけると嬉しいです。

返信する
TEENO

>へるべちかさん
わかりづらいですが、これは反撃しないが正しいです。
説明書のp9に略奪がスキップされたらダハンは反撃しないと書いてあるのがその説明になります。
折角なのでいただいた質問はFAQに追記させていただきますね

返信する
匿名

再販されたのでようやくプレイできましたが早速、”複数の土地を対象にできない”のを間違えてプレイしましたw

こちらのサイト一通り読んだところ他にもミスがあったのがわかり大変参考になりました。ありがとうございます!

ところで、シナリオカードのルールがいまいちわからないことが多かったので、もしお時間ありましたらその辺の説明のページも作っていただけると嬉しいです。お時間ありましたらよろしくお願いします!!

返信する
TEENO

>匿名さん
コメントありがとうございます。
やっぱりそこ間違えやすいですよね。私も最初は複数の土地に好き放題効果を適用してました(笑)
参考になったようで幸いです。
各シナリオのルールに関しては、私も書かれている以上のことは把握していませんが、時間あれば記事にしたいと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)