イーオンズエンド ミニ拡張「イントゥー・ザ・ワイルド(Into The Wild)」ゲーム紹介とレビュー

今回はイーオンズエンド(Aeons End)のミニ拡張の1つ「イントゥー・ザ・ワイルド(Into The Wild)」を紹介していきます。

イーオンズエンドの中のミニ拡張の中でもこの「イントゥー・ザ・ワイルド(Into The Wild)」は個人的にはかなりおすすめな拡張です。

↓今回紹介するのはこちらの拡張です。

イーオンズエンド ミニ拡張「イントゥー・ザ・ワイルド(Into The Wild)」ゲーム概要

「イントゥー・ザ・ワイルド」は、イーオンズエンドの大拡張3「ニューエイジ(The New Ages)」のミニ拡張の1つです。

ただのイーオンズエンド拡張として遊ぶことも出来ますが、ニューエイジから新たに導入された「キャンペーンモード」前提のプチレガシーの形式で作られています。

「キャンペーンモード」は合計4体のランダムなボスと連戦するモードです。キャラクターやサプライはランダムな状態からスタートし、ボスを倒す毎に新しいランダムなカードを獲得してサプライを構築出来たり、特殊な報奨カードを得ることでプレイヤーの能力値が上がっていき、一方でボスのネメシスカードが強化されていくというモードになります。

「Into The Wild」は、このキャンペーンモード前提で、プチレガシーなシナリオカードを読みながら物語を進めてプレイしていき、道中で仲間やカードやボスに出会っては戦うという設定になっています。

なのでこの拡張「ニューエイジ」前提で作られているので、ニューエイジを買った後で買うのが良いでしょう。

内容物は以下の通り

  • キャラクター×2
  • プレイヤーカード×39
  • ネメシス×1
  • ネメシスカード×17
  • その他キャンペーン用カード

イーオンズエンド ミニ拡張「イントゥー・ザ・ワイルド(Into The Wild)」 キャラクター

2体登場します。

元々奇抜な能力を持ったキャラクターの多いニューエイジだけあって、かなり特殊な能力を持っています。

最初からは使用できず、プチレガシーな物語の道中で登場するキャラクターなのでですが、箱を空けたら別に隠されているわけではないので、特に閲覧注意は書かずに紹介していきます。

インコ(Inco)

箱絵で凄そうな攻撃をしているキャラクター。アタッカー。

  • チャージスキル:Massive Grouth(巨大な成長)
  • チャージ:5
  • 効果:任意のプレイヤーにセットされている任意の数の「バラのトゲ」をキャストする。それらは+2ダメージ。

キャラクター固有カード「バラのトゲ」を一斉に発射するスキル。

「バラのトゲ」はインコの固有カードで各プレイヤーが獲得可能な特殊な魔法カード。また、インコだけは2コスト払うことで「バラのトゲ」を獲得することが出来る。

発動タイミングは難しいが、全員で5枚セットして発射できれば4ダメージ×5発で中々のもの。

  • 固有カード:Verdant Emerald(緑豊かなエメラルド)
  • コスト:0
  • 種別:宝石
  • 効果:1エーテルを得る。もしくは、「バラのトゲ」を1つ得て任意のプレイヤーの捨て札トップに置く。

バラのトゲを獲得するためのカード。これを使うことで全プレイヤーに早くから攻撃魔法「バラのトゲ」を配ることが可能になる。

  • 特殊カード:Rose Thorn(バラのトゲ)
  • コスト:2
  • 種別:魔法
  • キャスト効果:2ダメージ与える。これを破棄しても良い。

2ダメージということで大した威力にならないが、Incoの能力で購入せずとも獲得可能なので、再序盤から火力を出せる点はまずまず。

でも中盤以降は火力不足で邪魔になってくる。

ラズラ(Razra)

エイリアンみたいな生物RIPを操る面白いキャラクター。ニューエイジの魔法カードに絵だけ登場しているキャラクターです。

  • チャージスキル:Train Rip(リップを躾ける)
  • チャージ:4
  • 効果:手札の「リップ」と名の付くカードを手札から1枚破壊して、コスト3以上の「リップカード」を手札に入れる。もしくは、「リップ」と名の付く全ての捨て札のカードを手札に入れる。

これだけ見ると何だこりゃな効果のカード。謎の生物リップを強化するカードです。

リップは0コスト→3コスト→6コストと2段階成長が可能で、更に成長ルートは2パターンあります。

なのでこのキャラクターのチャージ結果は、リップのカード効果次第ということになります。

  • 固有カード:Rip Help!(助けて!リップ!)
  • コスト:0
  • 種別:遺物
  • 効果:1チャージを得る。

チャージ1を得るだけのカードです。Razraはこのカードが2枚入った状態でスタートします。

このカードをチャージスキルで強化します。

ちなみに謎の生物リップは遺物扱いらしいです(笑)

  • 固有カード:Rip Go!(行け!リップ!)
  • コスト:3
  • 種別:遺物
  • 効果:任意の仲間1人の破孔を1強化。その仲間は1チャージを得る。

破孔強化の補助効果です。

1チャージ1破孔強化なので、5エーテル位の効果があるカードということ。程々の効果。

  • 固有カード:Rip Fetch!(取ってこい!リップ!)
  • コスト:3
  • 種別:遺物
  • 効果:あなたの最もコストの低い閉じた破孔1を強化。あなたは手札のカード1枚を破壊してもよい。

自身の強化用スキル。破壊付きなのでこちらも悪くない。

  • 固有カード:Rip Eat!(食べろ!リップ!)
  • コスト:6
  • 種別:遺物
  • 効果:任意の仲間1人はチャージを2得て、手札のカード1枚を破壊しても良い。

RIPのMAX強化の割にはそこまで強くない気がするカード。私はあまりこちらのルートに成長させたことが無い。

2チャージとデッキ破壊を駆使した補助がメインのカード。うーん。強いか?

  • 固有カード:Rip Attack!(攻撃しろ!リップ!)
  • コスト:6
  • 種別:遺物
  • 効果:任意の仲間1人は手札の魔法1つを設置する。任意のプレイヤーの魔法2つまでキャストする。それらは+1ダメージ。

魔法設置即発射が可能なカード。こちらの成長は使っていて明確に便利で強いと思う。全プレイヤーの魔法を発射ターゲットにできるので、良い感じのダメージ調整も出来る。

以上5種類がリップカードですが、名前と効果の関係がイマイチ良くわからず。。。果たしてリップとは何なのかっていう感じですね(笑)

イーオンズエンド ミニ拡張「イントゥー・ザ・ワイルド(Into The Wild)」カード

収録されている新カードを紹介します。

この拡張は、サプライ用の新カード自体は控えめです。

宝石

  • Jeweled Brain(宝石化した脳)
  • 種別:宝石
  • コスト:3
  • 効果:2エーテルを得る。もしくは、1エーテルを得て、捨て札のコスト0のカードを手札に入れる。

スパークでもクリスタルでも、固有カードでも、好きな0コストカードを手札に戻せる効果。

クリスタルを手札に入れるだけで捨て札の圧縮効果になるし、魔法が欲しい場合にスパークを持ってこれるのも良い。固有カード次第では相性も良い。

便利カードで高評価。

評価:★★★★☆

遺物

  • Blast Sphere(爆発球体)
  • 種別:遺物
  • コスト:8
  • 効果:任意のプレイヤーのセット魔法を捨てることなく3回キャストする。それを破壊する。

凄まじいコストと能力の遺物が登場。

何と8コストであの伝説の魔法「結晶化」と同コスト。とても入手やすいとは言えないコスト設定だが、魔法の3倍アタックが可能。2回以上発動すると効果が増す系の魔法との相性が良さそうですね。

単発で10点ダメージを出せる状態を作れれば、それが30ダメージになるということで、これは確かに強力ですね。場合によっては一瞬でネメシスが蒸発するかもしれません。

任意のプレイヤーなので、状況に応じて発動させられるのも強いですね。

破壊してしまうのはメリットでもあるしデメリットでもあるかね。使い捨て可能な安い魔法を大量に買っておいて、爆破球体で撃ちまくるなんて言うのも面白そうですね。

総合して流石8コストという感じだが果たして。ちなみにコストが高すぎて私は未使用です(笑)

評価:★★

魔法

  • Wound Mender(傷の修理者)
  • 種別:魔法
  • コスト:8
  • 効果:エコー
  • キャスト効果:2ダメージ。開放済みの3,4番破孔から唱えた場合、回復1

ニューエイジで登場する新能力「エコー」。イメージ通りキャスト効果を2回発動するという能力です。単発だと2ダメージ×2回。これはニューエイジの6コスト魔法と同じなので6コスト相当。

回復効果がポイントで、過去攻撃しながらデメリット無しに回復できるカードは過去存在していない。手札を消費せずに攻撃する流れで2点も回復できるのはかなり有難い能力だと思われる。

購入して、3,4番破孔を開けるまでは長そうですが、3ダメージ×2回+回復2となるので、こう見ると流石にかなり強い。

ちなみにコストが高すぎてこれも未使用。

評価:★★★★

その他

サプライ用の新カードが少ないのは残念ですが、その代わりにキャンペーン用のトレジャーカードやネメシスの基本カードが大量に収録されています。特に、トレジャーカードは、ニューエイジのものと同じくらい入っているので、成長の幅が広がって楽しめます。

なのでキャンペーン拡張寄りなミニ拡張になっています。

あとは中々笑っちゃうようなネメシス基本カードも入っているのでお楽しみに。

イーオンズエンド ミニ拡張「イントゥー・ザ・ワイルド(Into The Wild)」ネメシス

収録されているネメシスは1体です。ネタバレ過ぎないように、ざっとした紹介にとどめます。

詳細は是非実際にプレイしてみてください。

Necroswarm(ネクロスワーム)

難易度は7でキャンペーンモードのネメシスランクは4の最上位クラスのネメシス。

専用の配下を召喚してくるというのでシステム的には「甲殻の女王」のような感じに似ているが、こちらは配下のミニオンがメッチャダッシュしてきます(笑)

最上位だけあって歯ごたえがあって強い上に、固有カードが面白く出来ており、楽しませてくれます。

評価:★★★★

イーオンズエンド ミニ拡張「イントゥー・ザ・ワイルド(Into The Wild)」レビュー

相変わらず最高なイーオンズエンドの拡張。この拡張も個人的評価は文句なしの5点満点です。

ネメシスもキャラクターも特徴的でしっかり面白い。

注意点としては、この拡張では、キャンペーンモードを楽しむためのプチレガシーシステムが搭載されているため、ニューエイジ拡張はほぼ必須です。また、キャンペーンモードは、各種ボスとランダムに順番で戦うシステムなので、ある程度イーオンズエンドの他の拡張を持っていた方が楽しめるでしょう。

ニューエイジのレガシーシステムは、グルームヘイヴンのような本格的なレガシーではないにせよ、ストーリー仕立てでキャラクターの成長が楽しめる中々面白い仕掛けになっています。この拡張でもそのプチレガシーシステムを再度楽しめます。

私が最初この拡張を買った時は、プチレガシーになっているとは全く知らず、箱を空けてSTOPマークがついたカードを見て何だこりゃって感じだったのですが、実際に一通り遊んでみると、かなり満足の高い拡張でした。

このプチレガシーキャンペーンをやらないのは流石に勿体ないので、この拡張を購入したのであれば絶対に遊ぶことをおすすめします。

サプライ用カードはわずか3種類なのですが、それを補って余りある楽しいキャンペーンを体験出来ると思います。個人的にはこういうミニ拡張でももっと遊びたいですね。



以上、イーオンズエンドミニ拡張「イントゥー・ザ・ワイルド」の紹介でした。

イーオンズエンドの記事を書くたび、いつも書いている気がしますが、日本語版はまだですかね?(笑)

海外ではビッグレガシーボックスもキックスターターに登場したようだしどうなるやらですね。レガシー系は物語の英文が中々難解なので、是非とも日本語化してほしいところです。

気が向いたらまた別のイーオンズエンドの拡張を紹介したいと思います。

↓今回紹介したのはこのミニ拡張です。

↓ボードゲーム好きで未プレイならマストプレイ。今年1番の話題作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)